--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2006 初の渓流行

    2006年04月22日 14:24

    昨年は3回しか行けなかった渓流釣り。今年は腕を上げてもうちょっと、時間をつくって出かけたいものです。ということで、今年初めての渓流釣りはいつもの仲間からの誘いで、少し遠方へ。
    深夜に起床、高速飛ばして早く現地に入りたいのですが、みんなそれぞれ金曜までの激務でもうクタクタなようです。のんびりいこうよ、俺たちは、という感じでSAでうどんを食べ、腹ごしらえをして、コンビニで昼食を確保しいざ、目的地の山へ。
    20060422210919.jpg

    麓では遅い土筆、山肌にはかなりの残雪。今年は雪が多いそうです。
    はやる気持ちを抑えて、師匠であり、この峪の常連であるY氏について、山を登ります。
    200604222039196.jpg

    200604222039192.jpg

    200604222115194.jpg

    今年は雪が多く、いつも通れる川沿いの道も、落石でふさがっていたりで、何度となく腰まで川に浸かって横断しないといけなくなっていました。途中、力尽きたのでしょうか、狐が息絶えて横たわっていました。
    20060423143314.jpg

    林道にはまだ花も少ないのですが、可憐な黄色いこの花が印象に残りました。花と葉の特徴をよく見てみると、緑の葉に黄色のスプレーを吹きかけたような、色づきが不思議な感じです。花の知識は平均以下の恥かしい私です。どなたか、この可憐な花の名前を教えてください。笑

    そういえば、今年は特に3月が忙しく、その時期は余裕もなく近くの山でふきのとうさえも見にいけなかったので、いまさらですが、一度にいろんな春を満喫できそうな濃厚な自然の残った山です。やっぱり遠出をしたらいいことあるかも。期待の初釣りです。
    関連記事


    コメント

    1. 東京湾海人 | URL | -

      こんばんは
      果たして あの コンクリートの堰堤は必要でしょうか?

    2. isshy  | URL | -

      山は人間の都合のいいようにしていいなんて、地球上で誰が決めたんでしょうね。あまりにも新しく大きすぎる建造物。
      山間に突然現れるから、びっくりしましたよ。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/86-7c94b588
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。