--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    偉大なギタリストの訃報

    2014年09月09日 18:44

    いつかこんな日が突然来ることはわかっていたけど、その日が今日の午後やってきました。
    何時ものように、暑い中、車でお客さんのご自宅へいって、帰ってきて次のアポイントまで時間があるから、コンビニエンスストアの駐車場で少し休もうかなと、車を停めました。
    そこで、タブレットPCを開いてYAHOO NEWS ってやつを覗いたんです。
    目を疑ったし、また何かの悪いサイトなのかと、しかしそれは、なにも隠れもせず、何時ものニュースのその時間でのトップニュースでした。
    悲しいですね。7/4に大阪で元気な姿と変わらない音楽センスを披露してくれたのは、財津さんと姫野さん。勿論そこにはいない他のメンバーの話もしていたし、これはもう近いうちにあるぞ、LIVE ACT TULIP っていうほんわかしたいい雰囲気でした。
    しかし、その4日後、7/7の七夕さんの日に遠いインドで安部さんは倒れてしまったんですね。
    もう5人でのLIVEは無いんだと思うと、ついに、できなくなってしまたんだと思うと、たまらない。関係者でもないし、個人的な知人でもない俺だけど、一人の熱烈なファンとしてだけだけど。
    安部さんのレコードも作詞や作曲した作品も、LIVEでの優しさに溢れたMCも、そしてきっと身体の一部分だったはずのギターも全て遺品になってしまいました。
    今夜は、静かに、心に喪章を巻いて酒でも飲むかな。旧い友達に電話でもして。
    そんな気分です。
    人はいつか本当に亡くなってしまう。
    今日は、しばらくはTULIPの偉大なギタリスト、安部さんを偲びます。
    でも、私たちは彼の残した作品にはこれからも勇気をもらえるし、優しさも分けてもらえるし、音楽はやっぱり素晴らしいですね。
    僕も、死なないうちに、やり残したことをやろうと思います。やらなければならないこと、やっておいた方がかっこいいこと、やり続けないといけないこと、心に強く持って続けて行きます。
    関連記事


    コメント

    1. yurayura | URL | -

      こんばんは

      isshyさん、こんばんは(#^^#)

      大好きだった アーチストの訃報や、人生模様を見聞きすると
      時の流れを感じます
      私たちの年代になると「死なないうちに」って、考えちゃうことがありますね!

    2. isshy | URL | -

      yurayuraさん
      私たちって!?同年代の仲間に入れてもらえて光栄です。笑
      でもほんとそうだね。死なないうちに、生きているうちに、そう思うことは本当に多くなりました。
      いつかこのBLOGもFACEBOOKも突然とまったりしてね。
      精一杯、生きたいとおもいます。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/640-3c4c609d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。