--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    二度といかないだろう鈴虫寺とまたいってみたい地蔵院

    2010年11月23日 18:25

    20年もまえからの前職時代の友達が、鈴虫寺に行きたいから行こうっていってきました。
    何があったか知らないが、ひっそりお寺に参るのには期待はずれな季節。割と近くに自宅のある私は、散歩コースのひとつでもあるから、その状況はおおかた察しがついていましたが・・・
    案の定駐車場からしてもう異常。2つ並んでいる駐車場。ひとつは1回500円。もうひとつは30分300円。??さて、どうする?鈴虫寺って言うのは一年中虫を教育して鳴くように躾けた??私から見たら自然じゃないことする好きやない!?お寺のひとつなんです。そこに駐車するのに、1時間以内だとしてやっぱり500円のほうが安いか・・ということになったのですが、ここは鈴虫寺専用だという。どういうこっちゃ?
    他の竹の寺(地蔵院)まで行ってみたいと思ってた友人はびっくり。せこいこと言うんじゃないよ、まったく!時間制の駐車場しか選べないのか・・・???
    正に正に、金儲け坊主丸儲けなのです。御本尊さんには罪はなく悪いのはお寺の方針と仏様を背にしたお寺に対してだから何もいえない観光客。
    005.jpg
    法話と称される小話もたいした内容の話じゃないし、芸能人やらイチロー選手と鳥羽一郎さんをギャグに使った失礼極まりない話をしたり、あの超狭い広間にいっぱいいっぱい詰め込まれて体も斜めになりながら、美味しくもない甘い菓子にぬるーい茶を・・・拝観料500円、そして黄色のお札は300円と金・金・金です。そして、その小話(?)に待ち時間もできる始末。たいして広くもない普通の庭には、模型か剥製の鳥が楓の木にさかさまにぶら下がっていて、気味悪るいし、第一狭い。大勢で押しかける意味が理解できない何もいいとこないお寺でした。ボロカスやー。笑 二度と足は向けることはない・・・
    006_20101123135227.jpg
    気を取り直して、おくまで足を・・・
    007_20101123135226.jpg
    竹の寺っていう別名がある「地蔵院
    008.jpg
    確かに美しい竹林。そして美しい庭。この庭を眺めながらお抹茶を楽しむこともできます。
    009_20101123135225.jpg
    011_20101123135225.jpg
    何よりも、人がまばら。人気ないのか?そうじゃなく、あの鈴虫寺が商魂逞しいだけなのです。
    観光客の皆様。雑誌やマスコミに踊らされてるのはなにも、政治や芸能だけじゃないです。観光地もしかり。ご自身の足と目で本物の心の旅を、楽しんでください。この紅葉の時期はあの鈴虫寺には何もないですから。

    妙徳山華厳寺っていう立派な名前のある鈴虫寺
    デコメやブログパーツ作ってもいいけど、こんなに参拝客集めるならもっと安くしなさい。
    悪くないお寺だから。仏心をなくさないように・・・やさしくない、がめついお寺にならないで。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
    関連記事


    コメント

    1. よりりん | URL | X.Av9vec

      こんばんわ~

      いつも読み逃げしていますが、今回は内容に不謹慎ですは笑ってしまったので、コメント・・・。
      竹の寺に人がいるっていうのもオドロキですけど、それくらい京都の紅葉シーズンはどこもかしこも人が多いってことですね。
      鈴虫寺は、なんでか人気ですけど、私は大昔に親に連れられていっただけで、自分で行ったことはないです。
      お庭が素敵っていうイメージもないので、あまり興味もないし・・・苦笑。
      小話?もいらない・・・爆。
      しかし、駐車場30分300円って、都会のパーキング並ですね!!
      私のお寺の駐車場のイメージは、1回500円か、タダ、もしくは1日1000円。
      まあ、京都観光でマイカーってことはまずない私なので、関係ないけどね~笑。

    2. ひろひろ | URL | -

      おはようございます

      昨日はコメント頂きありがとうございました。
      鈴虫寺、駐車場はそんなことになっていましたか…
      チャリンコで行ける距離なので、その辺の情報は全く無知で…
      紅葉時期、やはりこの辺りのおすすめは地蔵院でしょうか…
      今度行こうと思っています。
      今後ともよろしくお願いいたします。

    3. つとりん | URL | -

      こんばんは!

      そうですか、お寺にも節操ないのもあるんですね。メモメモ

      それにしても竹林と庭はきれいですね。
      障子のまどに切り取られた景色は
      平安の世にタイムスリップしたかのようですね。

      昔帰りの京都市内でぴたりと止まったまま動かず、
      えらい目にあって以来、車では行ってません(笑)

    4. isshy | URL | -

      No title

      よりりんさん
      実は私の祖父は新潟県の浄土真宗の末寺の八男坊主として生れました。子沢山で大変だったでしょう。私は小さい頃から、祖父に連れられお寺の本堂で吹き掃除などお手伝いする代わりに虫取りや蛍狩りにつれてってもらった記憶が甦ります。
      子供心にお寺って言うのはお店や会社とは違って、困った人の話を聞き、旅人には一宿一膳を振舞ったり、地域の傘となり、そして先祖を守ってくれるというとても大きな存在に思えてたのです。今もそのお寺はあるので、私のまたいとこが現在住職を継がれていますが、夏にも立ち寄って懐かしい話をしたものです。お寺は金儲けをあからさまに見せないで欲しいだけです。 たとえ、貧しくてもです。
      勝手な言い回し、無礼千万お許しください。 私のお寺のイメージとはあまりにもかけ離れていた出来事だったのです。
      読み逃げも嬉しいですが、よかったら、またコメントビシバシよろしくねー。笑

      ひろひろさん
      早速のご訪問ありがとうございます。
      ちゃりんこの嵯峨野めぐりや、松尾の散歩は私もときどきやってます。
      秋の京都を自分のものにするのはなかなか大変ですが、とにかく朝散歩にかぎるとおもいます。ねぼすけの私が発する言葉として恥ずかしいですが・・・笑

      つとりんさん
      節操ない、全くそのとおりです。株式会社鈴虫寺 かい!ったく!怒
      でもね、お寺としては素晴らしいお寺なのです。人間の企画が気に食わないですけど・・・
      あ、それから車はおっしゃるとおり、観光ではこないほうがかしこいです。
      それより・・・スノーピークのテント欲しいなあ・・いいですねー。

    5. じゅぴ | URL | -

      No title

      わはは
      isshyさんの怒りが手に取れるようで、
      朝読んで笑わせていただきました。

      私は東京から来た友達が絶対に行きたいと
      言うので去年初めていきました。

      鈴虫の入った干菓子です・・・と和尚に言われて
      よう食べなかったわ(^0^)

      京都はどこに行ってもお寺に入るのが高いと
      言われていますね。

      もっと観光客が気持ち良く過ごせるようにしたい
      ものですね。

    6. isshy | URL | -

      No title

      じゅぴさん
      鈴虫入りのお菓子、イチローが座った席・・・あ、鳥羽一郎だった。云々
      小話だったでしょ?しかんもブラックな小話でしたね。よくない!お寺の坊主のくせにねー。
      あ、また無礼な発言・・・お許しを・・・

    7. r | URL | -

      No title

      共感した!

    8. isshy | URL | -

      No title

      rさん
      ありがとう!

    9. まい | URL | -

      すごく共感しました。私が今日行ったときも受付の若い二人の坊さんがぺちゃくちゃ会話していて、私をみても何も挨拶しないからこちらから挨拶したら無視されました。そして入場のお金をとられました。
      そのあと黄色のお守りを買ったら袋にすらいれてくれず手渡しされました。私が袋をくださいというと「人にあげるときの袋以外はあげれません」とはっきりいわれました。はあ???ってかんじです。いままでそんな寺ははじめてでした。そして9こくらいお守りを買ってる人には小分けの袋をにこにこあげていました。
      お金にがめつすぎてびっくりしました。お茶も抹茶じゃない普通のだし、お菓子も5円もしないようなものですよね、調べてみたら35年前に京都に住んでた男性が当時訪れたときは、鈴虫はいたけど、黄色のお守りや願いを叶える話はなかったみたいなので、いつ頃かわかりませんが商売寺にチェンジして坊主まるもうけ根性の住職になったのでしょう。お守りを売ってるおばさまがたの横暴さを忘れません。

    10. isshy | URL | -

      まいさん!
      3年も前の旧いアップにコメントありがとうございます。
      今もあの時のままなら、このお寺、酷すぎますね。
      徒歩15分の距離に自宅がありますが当然足が向かないままです。みんなもっと、お寺やお坊さんの尊さをわかって欲しいです。
      バチは必ず当たりますよ。もう既に当たってるでしょう、(笑)

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/563-017a24b0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。