--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もう29年がたった。あのとてつもなく悲しい一日から・・・

    2009年12月08日 23:11

    仕事帰りに、お客様に誘われて、少し飲むことになりました。
    奇しくも今夜はJohnLennonが天国に行ってしまった命日。もうあれから29年も過ぎようとしています。
    あのころは未だ復活(再結成)を信じていたし、Johnの音楽はまだまだこれからの矢先でしたね。
    何かこう、肉親の死よりもある意味大きな衝撃だったかもしれません。変な言い方ですが、長島茂雄が現役引退した以上の、とてつもなく大きな存在の神のようなミュージシャンでした。
    1208.jpg

    数年後ダゴタハウスを訪ねたとき、何度も地べたを手で触れて、お祈りをしたのを覚えています。
    せめて今夜はスコッチでも飲みながら、ジョンレノンの曲を聴いていたい。

    http://www.youtube.com/watch?v=okd3hLlvvLw
    関連記事


    コメント

    1. 泉本夏夜 | URL | -

      こんにちは。ご無沙汰しています。
      29年経つのですね。
      命を奪われることがなかったら、愛と平和の歌を歌い続けていたんでしょうか。

      近所にジョン・レノン・ミュージアムがあるのですが、未だに行けてません。
      閉館するかもしれないという話もあり、早く行かねばと思っています。

      スコッチの味はいかがでしたか?

    2. isshy | URL | -

      夏さん
      ご無沙汰です。ジョンレノンミュージアムですか・・・
      近くならぜひいってきてください。
      私は、ダゴダハウスにいけただけでも、アビーロードスタジオにいけただけでも、満足しています。
      京都府の湯の花温泉に極秘旅行していたらしいのですが、あえませんでした。笑
      いつまでも、脳裏に残るすばらしい(あえていいます)ミュージシャンですね。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/521-f0a8df98
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。