--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    子どものクリスマス・大人のクリスマス

    2005年12月21日 13:32

     ♪いつからだろうね。サンタクロースがこの世にいないこと知ったのは・・・♪ by TULIP
    ということで、私の場合は多分小学校5年ごろですね。それまでは枕元ににプレゼントが置いてあるっていう枕元方式だったのですが、ある年、郵便方式に変わったのです。父がサンタさんに手紙を書いたまではいいのですが、帰ってきたプレゼントにはきっちり東京っていう住所が書かれていました。詳しい記憶はないのですが、アレは父のミスだったんじゃないかなって思います。笑
    時は流れて私が父親になってからの話。
    長男が3歳頃だから、もう12年も前の話です。賃貸マンションに住んでいた私たちはご近所のママつながりで4軒の仲良し家族で行動することが多くなっていました。TDLもキャンプも海水浴も・・・
    勿論クリスマスもなんですが、にぎやかにどこかのご家庭でパーティーをするんですが、問題はクリスマスプレゼントとサンタさんです。
    プレゼントは子どもたちの希望を聞いて、サンタさんに手紙を書いて、玄関の靴下にいれておくんですが(4軒統一)、お母さんたちは各自(またはいっしょに)事前に購入し、ラッピングはみんな同じものにしてから、とあるおにいちゃん(当時は大学生)に預けておきます。そのときに、親としての子どもへの一言を、サンタさんに読んでもらうため、外れないようにしっかりMEMOにしてプレゼントにくっつけておくのです。(これまた統一)
     やがて待ちに待った当日。父親の私たちは、マンション暮らしをもろともせず、玄関やパティオなんかでおもむろに焼き鳥やったりして、クリスマス宴会は盛り上がっていきます。(サンタ大学生と)約束の時間が来ると、お母さんたちは子どもたちに「そろそろサンタさんがくるかなー」って子どもたちにアラームを・・・笑
    おませなかわいい女の子たちはすぐに「サンタさーん。。。」て窓を開けて夜空に呼び続けます。男の子もつられて・・・当時はマンションだったので煙突どころか、窓からの侵入もできすに、仕方なしに、誰かがマンションの下に呼びにいくっていう裏ワザ(絶対見られちゃまずい)玄関で、サンタさんお着替えまでしてから、ピンポン・・・子どもたちに大歓声の登場となります。ひとりひとり、「お母さんの言うこと聞いて、ちゃんと歯磨きしてねましょう」とかなんとか、昔の8時だよ全員集合のカトちゃんの台詞のようなお言葉をいただき、プレゼントを受け取る子どもたちの目は本当に輝いていました。手渡し方式絶好調時代です。
     そのころの子どもたち(長男長女)も今や高校1年と中三。勿論弟や妹たちも徐々に信じなくなるまで、お兄ちゃんは手伝ってくれて,今は無事結婚して、少し遠方にお住まいとのこと。感謝しています。おとうさんはみんないるのに、誰だろう?・・・どうして、名前やいつもの癖や生活のことしってるんだろう。。。って不思議に思いながら子どもたちは信じていたのです。
    やがて面白いことに誰かがやってるって気づいても、弟や妹には何も言わないで(要領のいいやつは自分もしらないふりまでして)プレゼントをもらいつづけていた彼等彼女。(こんなとこまで統一してます)
    実は今年もITA宅でクリスマスパーティーするんだよっていうと、大喜びでサンタは?って・・・
    いつまでもくるかいな。何年か前から、サンタさんはご辞退されてますわい。でもプレゼント単価はあがってるから大変なんじゃい。こっちは!!
    なんと今年、ある家庭ではネットオークション方式図書券方式まで登場するようです。嗚呼遠き日のあの輝いた笑顔よ・・・
    そういえば、うちの次男((小学4年生)はまだサンタを信じています。
    先日も靴下に手紙入れてましたから・・・(芝居じゃないと思う)
    ところが・・・先日TVの鬼嫁日記を観ていた奴はなんかおかしいなあって思い始めているようです。あくまでも父の想像ですが。
    冒頭のTULIPの歌詞は 
    ♪誰にも聞かずに僕らは知ったじゃない・・・♪   と続きます・・・
    そんなクリスマス今年は、どうなることやら・・・楽しみな私です。
    関連記事


    コメント

    1. 泉本夏夜 | URL | -

      ずっとサンタでいたい!

      子供達にとって、素敵な思い出ですよね。
      うちは私がサンタさんへの手紙を書く役目です。
      まだチビなので、例年どおり寝ちゃうと思うんで、枕元にプレゼントを置くことになるでしょう。
      これから先は夢を壊さないように年齢に合わせた演出を考えないといけませんね。
      それはそれで楽しそう!

    2. 私のサンタさん~

      「サンタはおとーさんだよ」
      友達の一言でサンタさんはいないと知った6歳の私。
      あの時の母親の悲しい顔は今でも忘れられません。
      私のサンタは7歳のクリスマスからは
      やってきませんでしたv-25
      悲すぃ~v-409

    3. isshy | URL | -

      夏さん
      子ども心と秋の空・・・アレ?
      ま、そんな感じでドンドン成長もしていくし、ドンドンいろんなこと知ってしまうんですよね。お話だけじゃなかなかいつまでも信じてくれないかなあって思いました。芝居あるのみでした。笑

      てんちゃん
      うーん。なんていっていいのか。
      わかります。お母さんの気持ち。
      てんちゃんの気持ちもわかります。
      サンタは心の中に毎年プレゼント届けてくれますよ。よいクリスマスを・・・

    4. musashi | URL | -

      こんばんは。お久しぶりですね。お邪魔します。笑えますね。そしてほのぼのとします。うちの下の子は 「サンタさんがね 夕べ裏の駐車場を うさぎ跳びしてたよ。やっくんのおうちに来るんだったんだぁ~」って。ある年は「サンタさんのために手紙とビールを用意しましたぁ」って。それはお母さんが飲んでしまいました。だからお母さんは お礼の手紙を書きました。「来年はワインがいいなぁ~」ってね。

    5. よりりん | URL | X.Av9vec

      かわいいですね

      テンプレ、またイメージが変りましたね。
      クリスマスは、期間限定のようなテンプレが多くなって楽しいです。

      ところで、うちの子はサンタはいないと知って?いますよ。
      クリスマスしたことないし、プレゼントもしないしね。

      ちなみに、私が子どものころもツリーもケーキもプレゼントもありませんでした。

      クリスマスはキリスト教など信仰のある人のもの。
      ただのイヴェント気分でクリスマスをするのは失礼ってな考えです。
      そうなると、仏教徒のうちにはクリスマス祝う理由なんかないしね。。。

    6. isshy | URL | -

      よりりんさん
      確かよりりんさん宅はお寺でしたよね。はい。そうでしょうね。その代わり花祭りとかありそうですね。
      いずれにしても、イベントを楽しむことは私は好きです。宗教とか関係なしでもいいと思っています。でもね、あんまり早くから、クリスマスだの、バレンタインデーだのやいやい騒ぐのは嫌です。季節感が損なわれるから・・・でも時期が来たら子どもたちの楽しみですから、楽しませてあげようって思います。

    7. isshy | URL | -

      雪の夜です。

      musashiさん
      雪多いですか?
      こちらもやっと雪が降りました。
      冬は嫌いって何度も言ってます私ですが、雪が積もると、街が静かになり、なんか好きです。
      サンタの鈴の音が聞こえそうですね。

    8. ヨウヨウ | URL | -

      isshyさん、こんにちは。はじめまして。
      コメントをたどって遊びに来てみました。
      実は最近までずっとblogをお休みしていたもので…伺うのがこんな遅くになってしまってごめんなさい。

      ところで、あの…isshyさんのトラックバック、いただいてないみたいなんです・・・
      今からでもいいので、ぜにください(笑

      >でもプレゼント単価はあがってるから大変なんじゃい。こっちは!!

      ここに大ウケです~(笑
      我が家は「サンタ・エイジ」真っ只中です。



    9. ヨウヨウ | URL | -

      ごめんなさい…

      「ぜひ」



      「ぜに」

      になってる。。。(汗
      銭はいらないです~ゴメンナサイ(恥

    10. isshy | URL | -

      YOYOさん
      ようこそおこしくださいました。
      TBできてなかったのですね。失礼しました。また自戒お邪魔したときにTBかコメントしますね。寒い毎日ですが風邪なんか引かないようお子ちゃまたち気をつけてあげてください。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/51-7a11eeb1
    この記事へのトラックバック

    クリスマスか・・・。

    みなさんはサンタさんをいつまで信じていましたか? サンタさんがいないと知ったのは




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。