--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    みなさんJR好きですか?

    2006年09月10日 15:36

    060830_1003~0001.jpg

    060830_1031~0001.jpg

    昔から旅っていったら国鉄に決まっている・・・そういう時代もありました。飛行機じゃなきゃいけない旅も、船使わないとたどりつけない旅もあります。でも、やっぱり鉄道の旅は一番身近です。
    JR西日本がさまざまな改革とやらを繰り返し、どんどんどんどん、スピードアップや新型列車導入や合理的な列車ばかりを優先させているのに、たまらない憤りを感じる私です。旅は急げばいいものじゃなく、快適ならいいだけじゃないのです。スピードや快適性に旅情がついてこないとだめだとおもいます。
    先日も山陰本線を鳥取まで乗ったときに思ったのは、旅にはいろいろあっていいってこと。ビジネスのために思いっきり急ぐ新幹線のような列車。これは、そこそこ成果をあげて、各地で頑張っていると思います。
    でも、目的が違って急ぐ旅ではなく、車窓や駅の雰囲気、駅弁や駅そばを楽しむ旅はもうできなくなっているような気がします。JRに旅の楽しさを奪う権利は無いはずだ!スピードばっかり追求しないで、もっと旅人に優しい車両が必要だと思います。輸送力増大とかいってますが、我々は荷物じゃないのです。
    例えば、この夏も青春18きっぷは発売されましたが、このきっぷにおばちゃんたちの食いつきのいいこと。関心しきりです。この企画きっぷが安いのと多人数でも使用OKなことが重なって、車中のおしゃべりも旅のうちとばかりに、にぎやかに列車に乗り込むおばちゃん軍団。彼女たちに文句は全然ありません。むしろ、普通列車しか乗れないこのきっぷを逆手にとって、おしゃべりの時間を楽しんでいる様子でほほえましい限りです。こんなに好評なのだったら、JRのマーケティング担当者も読めていたでしょう?
    もっと列車を増やしなさい!百歩譲ってもせめて列車編成を増やしなさい!それもせずに、キップは売るだけ売って、何がワンマンカーで合理的なんですか。2両編成の余部鉄橋を渡る本来のローカル気動車は地元のおばあさんまでもつり革持たないといけない状態。折りたたみ自転車で日本海海岸制覇をしていた大学生も、ゼミ旅行で竹野浜に海水浴にきた大学生たちもみんなみんな、席をゆずってまるで京阪神の「新快速」のように、満員でつり革もって景色のいい山陰海岸を眺めもできずに乗っている光景!私はびっくりしました。
    まさにJR西日本のワンマン列車そのままでした。
    青春18きっぷの発売と、夏休み、そして、昨今の余部鉄橋ブームのことは把握した上、乗降客数をリサーチして、遠方からくる旅人に、いつも乗ってくれてる地元の学生さんや住民たちにやさしい列車運行をしないといけないんじゃないでしょうか?あまってるかどうか知らないけど、車両の増結は勿論、お盆だけの臨時というよりかなり長期で運行する季節列車などでも対応はできるはずです。ひどすぎます。
    JRが車中でも楽しんでお客さんが乗っているってことを、無視しすぎです。
    駅弁は買えない、駅そばを閉めている。直行が無いから乗り継ぐんだけど乗り継ぎ時間が短すぎる。9両もの編成の新快速にはいつも満員で一番前の車両にかろうじて1個トイレがついている・・・など
    isshyは怒っています。JRよ、国民はいつまでも許さないぞ!!

    ブログパーツ
    関連記事


    コメント

    1. よりりん | URL | X.Av9vec

      好きじゃないです。。。苦笑

      JR、好きじゃないです!
      以前の国鉄さながら、サービス悪いもん!
      しかも、国鉄と違って利益求めるから、もっとサービス悪いもん!!

    2. うさぎ | URL | -

      どうかなぁ?

      列車に乗ることは好きですよ。
      どっか遠くへ行けそうな気がしますから!
      20年前、北海道を国鉄で移動していたとき、車掌さんが仕事の合間にずっとガイドをしてくれたのを覚えています。
      最近、駅員さんの雰囲気も、スピード重視っぽい感じがするのは私だけ?
      関係ないですが、長崎に新幹線はいりません!

    3. 泉本夏夜 | URL | -

      好きじゃないかも

      ゆったり列車に揺られて、乗り継ぎ乗り継ぎで旅をするって感じになれないんですよね。
      利益優先で温かみが消えています。
      日頃、JRを利用しないと仕事に行けないんで、利用していますけど。

    4. まみここ | URL | -

      JRって・・・

      愛媛では「きしゃ」って呼ばれているんですよ~。
      電化される前の呼び方がそのまんまなんです(;^^A
      って。かなりな余談でしたね^^;
      ちなみに、私はJRを利用することはほとんどないので
      好きとも何とも言えないですねぇ。。。

    5. isshy | URL | -

      日本一の鉄道と呼ばれるように・・・

      よりりんさん
      JRの企画や改革を見ていたら、本当のサービスって何なんだろうって思ってしまいますね。まだ、国鉄時代のほうが人に優しかったような気がしないでもないです。
      まみここさん
      汽車って呼ぶ言い方は、妻(土佐産)もしていました。笑
      予断じゃないですよ。汽車っていえるイメージがやっぱりみんなにあるのでしょう。それもいいイメージじゃないでしょうか。
      夏さん
      JR沿線にある会社や自宅はJRに依存してます。仕方ないですよね。旅に誘う魅力的なダイヤはやはり長距離列車の復活じゃないでしょうか。それも特急ばかりじゃなく、せめて急行や快速のリーズナブルな旅を応援しまう。そういうあたたかさは必要ですよね。
      うさぎさん
      あなただけじゃないですよ。確かに今はスピード重視すぎますよね。でもその北海道での国鉄の車掌さんのようなあたたかさが今のJRにも必要ですよね。遠くへいけそうなのは、当然なんですよね。♪線路は続くよどこまでも・・・♪
      でも、列車は実際には車両区内で折返し運転です。だから、乗換ばかりになってしまうのです。線路は続いてるのにねー。それがJRの強みなはずなのに・・・
      kikiさん
      筑豊には昔はたくさんSLが活躍してましたよね。ついに見にいけなかったですが、そうか、JR九州は頑張ってますか?私は乗ってないけど、たしかに、四国や九州は西日本にくらべたらまだあたたかい感じがするかもしれないですね。夢のある列車や企画ものの列車も多いですが、私はJRには期待を持っています。改善の余地がいっぱいあります。
      九州でも一度たっぷり列車に乗ってみたいですね。

    6. kiki | URL | o25/X8aE

      JR

      京都のJR館楽しかったです。
      私は学生時代に北九州から下関の学校に通う時に
      毎日乗っていました。
      遠賀川から来る列車が時々SLで木で作った列車で
      石炭の匂いがしました。
      高校のキャンプで鹿児島の霧島に行った時は
      冷房など無かった時代で、
      窓に網戸が有るのにはさすがにびっくりしましたよ。
      懐かしい思い出です。
      乗り継ぐ時に時々門司港駅に行く事が有りましたが、
      中々風情のある素敵な終着駅でした。
      今でも同じみたいですよ。
      SLで行った下関から山陰線の海岸は最高に綺麗でした。
      昔の思い出ばかりですね。
      JR九州は頑張ってると思います。
      由布院の森号も中々素敵ですよ~
      でも、確かに不満はありますね。
      国鉄の時は乗せてやってる、今は利益優先・・・・。
      好きかどうかは難しいですね。

    7. sola | URL | /p1nTf8Q

      isshyさん、鉄ネタだけに熱く語ってますねぇ(^_^;
      皆さん感じられているように、JRは何が何でも効率優先!で突き進んで来たのでしょう。ま、これはJRに限らずこの国全体(一部を除いて)同じようなモノなのは否めないと思います。それがあのJR西の脱線事故で安全第一といった基本を漸っと思い出したのかもしれません。
      安全第一と効率優先。これをどういった案配で継続して行くかに躍起になっている企業に“遊び心”は期待できないのでは?と思ってしまいます。こちら東北のド田舎でさえロングシートの単行だったりしますから。
      JRにしてみたら、夢のある汽車に乗りたかったらお金を出してトワイライトExp.やカシオペアに乗りなさいってことなんでしょうケド、isshyさんはじめここに書き込みされている方々の仰るのは、ガタンゴトン♪と三拍子での~~んびり走る汽車がいいな~・・ってことですよね?
      小学生の頃、客車の鈍行の最後尾(鎖で止めているだけの危なっかしいものでした)から走り去っていく線路を眺めた記憶は消えることがありません。長々と失礼しましたm(__)m

    8. aigen | URL | YM16R1CM

      餘部鉄橋

      餘部鉄橋が改築されるとのことで私も訪ねてみたいと思っています。そのニュースを聞いて全国のファンが大挙して押しかけているようですね。
      この件ではありませんが、通勤時間帯に編成を増やして欲しいという投書が新聞に載ったことがあります。その時のJR四国の回答は、車両運用は季節ごとの長期的な計画であり、要望については承るがすぐには困難というものでした。
      そうであれば、餘部鉄橋の人気を把握できていなかったということでしょうね。
      高知でもお盆期間中は編成が伸びました。通常は2~3両で走っている特急も5両連結で運用されていましたが、やはり特急列車はこのくらいの編成が相応しいですね。

    9. isshy | URL | -

      JR

      solaさん
      も、厳しい意見ですね。この会社はまだまだ成長の余地はあるはずですね。早く走らせること、安全であること、赤字を減らすこと、のほかに、好きになってもらうことが必要ですよね。
      ところで、秋はカヌーしないんですか?
      aigenさん
      餘部鉄橋は多分夏だから多かったのかとも思います。もうすぐ鉄道の日記念きっぷも発売されるから、また多くなるかもしれないですね。私も四国のSLに会いに出かけたいと思っています。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/328-fe03a8c5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。