--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2007自然薯 (定植)

    2007年04月28日 02:18

    定年後は野菜でも作ってのんびり過ごします・・・という団塊世代の企業戦士がたくさんいらっしゃいます。私はまだまだその域には達しない後輩ですが、少なからず、田舎暮らしや自給自足のものまねみたいなことに憧れていたりします。でも、なかなか現実はそうはいかないもの。
    そんなに人間は器用にできないもの。仕事やめてさあ野菜だお米だってそんなに簡単につくれるものじゃないんです。まして移住までして、環境を変えてさまざまな田舎暮らしの作業や手間を考えると、私はやはり定年になってからでは遅すぎると思うのです。もう身体もそういうこと効かなくなっってくるし、気力だってすこしづつなくなってくるんじゃないかな。私は心配しています。その時期はいつなんだろうなあ。私の体力、気力、野心、経済力、そして野菜作りの最低限のことを覚える時期はいつなんだろう・・・それが合致したときに家族が賛成してくれたら私たちは田舎で暮らすことを望んでいるわけだから実現できるんだろうなあって思っています。そういうことは真面目には考えられません。
    まだまだいろんな面で期は熟していないようです。
    070415_1722~0001.jpg

    今年も自然薯の種芋を定植し終えました。6年目です。初めての新しいやり方での再挑戦です。わざわざ師匠(栃木県)のとこまで実演作業つきで教わりにいって、そのまま種芋を持ち帰って植えてみました。
    070415_1728~0001.jpg
    070415_1727~0002.jpg
    070415_1727~0001.jpg

    畑の自然薯の横では豆の花が勢ぞろいです。順にえんどう、ソラマメ、ツタンカーメン。今年は豆たちも元気いいみたいです。
    しばらくは自然薯が無事発芽するかが心配ですが、見守って行きたいと思います。野菜はいろいろ作ってみて、徐々に作物の上手にできる理由見たいのものが、点じゃなく線でわかってきたこともあります。何度も失敗繰り返すことは無駄じゃないけど、作物は1年に1度だから、失敗したらもう来年しかないというのは、よく考えてみたらそんなに失敗ばかりしてられないですよね。昨年の反省を糧に頑張ろうっと。
    関連記事


    コメント

    1. aigen | URL | YM16R1CM

      農業

      私の家も多少、畑があります。両親が世話をしている桃や柿、ミカン、それに種々の野菜もあります。
      たまに手伝いもしますが、自分で全てをこなすことはできません。農業をする場所はあるのですが、果たして自分にそれらを継いでいくことができるかわかりません。
      趣味で土を楽しむのであればいいのですが、脱サラで本格的に取り組むのはよほどの決意がないと難しいでしょうね。

    2. ヌマチチブ | URL | -

      ツタンカーメン

      たいそうな名前が付いてるものですねぇ~
      おっしゃる通り、自給自足生活は、生半可ではできないですよね。
      ただ、、、超心配性なわたしは、来たるべく食糧危機のために、せめて自分達が食べるだけの野菜がつくれる畑を、子どものために残してあげたいと思っています(笑)
      楽しみですねぇ~ isshy家の今年の野菜作り!

    3. isshy | URL | -

      aigenさん
      脱サラで農業に・・・というのは本当によほどの決意が必要ですよね。生計をたてるというのは・・・
      でも、自分たちが食べていく野菜などをそれなりに作れるようになりたいのは私の本音です。それ以上は望まないんですけど。果物の木があるというのもうらやましいですね。

      ヌマチチブさん
      いつか来る食糧難のことを考えてますか?すごい!!
      私も、地球に飲み水が足りなくなるという試算結果を見て愕然としました。野菜だけじゃなく、食料は自分で確保するのが一番安心できる時代が来るのかもしれないですね。恐ろしい話です。
      今年も拙い野菜収穫とかを紹介していきます。また、いろいろ教えてください。

    4. sola | URL | /p1nTf8Q

      春ですね

      野菜作りに、山菜採り渓流釣りと、isshyさんの春は充実しているようですね。教えを請いに遠路遙々栃木まで出掛けるなんぞ、そう簡単に出来るものでじゃありません。
      私の定年後ですか...全くの白紙です。いえいえ決して若い訳ではありません。私のような人間は、いざその時を迎えた時にな~んにも出来ずに狼狽えてしまうんでしょうねぇ.._| ̄|○

    5. isshy | URL | -

      solaさん
      栃木の自然薯師匠を訪ねるのは、途中で投げ出したくないから。それだけです。このあたりでもう一度きちんと確認しておかなくてはとの判断でした。もう少し時間があれば立ち寄りたい場所や友人がたくさんいたのですが…
      solaさんの川遊びもそろそろスタートですね。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/171-42a73e67
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。