--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    畑で今年も頑張ろう!

    2007年01月30日 01:01

    本当に今年は穏やかな冬です。私は大歓迎。こんな冬なら毎年来てもいいな・・・
    さて、畑ではそれなりの野菜はそれなりに、まあまあの野菜もまあまあ育っています。
    チャレンジ以来大失敗で終わった自然薯を、今年はもう一度チャレンジします。そのためにはまず自分たちなりにだめだったと思われる点は徹底的にチェックして改善を加えていくことにしました。
    まずは、場所。4年間もの連作でだったので、今年は川側の初めての場所に昨年と同じぐらいのやや少なめで定植することにしました。
    070127_1553~0003.jpg
    今は土作りです。鶏糞、牛糞と、苦土石灰、までは入手できましたが、トン糞が本当はいいそうですが、我々の場所では入手困難です。3年ほど前に福井県で見つけて車で3袋ほど持ち帰ったのですが、臭くて臭くてもう大変でした。軽トラがあればいいのになあ・・・
    まあ、でもここはここなりにある肥料で何とかやってみたいです。
    070127_1554~0001.jpg
    下仁田ネギも順調です。今年初めてですが、なかなか丈夫で旨いので好評ですね。
    070127_1557~0001.jpg
    暖冬のせいか、もうキャベツが巻き始めました。
    最後のレモン3つ、ブロッコリー、白菜、水菜、大根2種、下仁田ネギ
    が本日の収穫でした。次回は耕運機の登場ですね。

    ブログパーツ
    関連記事


    コメント

    1. なつ | URL | YgKj3tPc

      畑仕事

      今年は少し早めに取り掛からないといけませんね。
      私も重い腰を持ち上げて頑張ろうっと♪
      下仁田ネギ良いですね。
      煮込んだときのとろとろした甘い食感が好きです。
      栽培が難しそうって思い込んでいて、
      普通のネギしか育てた事がありません。
      丈夫に育つのなら、私も挑戦してみようかな?

    2. おやじ | URL | -

      畑で今年も頑張ろう!

      いよいよ始まりましたね。
      遥か遠く群馬より応援しています。

      ところで下仁田ねぎは群馬県の特産品です、
      すき焼きには欠かせないものですよね。

    3. kiki | URL | -

      新鮮な野菜

      とりたての新鮮な野菜良いですね~
      レモンの木も植えてあるんですね。
      欲しいなぁ~
      無農薬のレモン。

      頑張ってくださいね。

    4. isshy | URL | -

      なつさん
      下仁田ねぎは煮込んでよし、焼いてよし、おいしいですよね。なつさんちも挑戦してみてください。きっと大丈夫ですよ。

      おやじさん
      応援してくれてるんですね。うれしいです。
      群馬県は温泉も多いし、下仁田ネギも本場だし、武蔵野ですか?栗林なんかも多いそうですね。そういう大地には自然薯があうんですよねー。

      kikiさん
      レモンは昨年は数が少なかったけどその分一昨年より大ぶりのができてましたが、先日の3つで最後でした。
      無農薬で知らぬ前から勝手に生えているレモンの木。
      毎年楽しみなのはいうまでもないのですが、ときどき持って帰る人がいて困ってもいます。一言声をかけてほしいものです。

    5. iwao | URL | -

      季節の野菜ですね。
      いいですねぇ~。
      水菜と大根、うまそうですねぇ~。

    6. isshy | URL | -

      iwaoさん
      出張にも釣竿持参ですね。関西では冬のつりはどうなんでしょう。大阪湾でカレイ狙いでしょうか?あと、川では寒バヤも有名ですね。昔は琵琶湖でモロコつりもできましたが・・・最近はブラックバスのせいでかなあ。全然釣れないそうですよ。 iwaoさんの多彩な釣りにビックリです。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/157-fad1344c
    この記事へのトラックバック

    下仁田ねぎ 別名殿様ねぎ

    【到来物下仁田ねぎ】別名 殿様ねぎ『ネギを何本でもよい至急送れ、運送代などはいくらかかってもよい』という趣旨の江戸大名、旗本からのものと思われる名主宛の手紙が残されていると言う、当時すでに下仁田ネギが栽培され、珍重されていたことがわかっている。下仁田ネギ




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。