--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SL列車に再会する旅 ~温泉と腹ごしらえ編~

    2006年11月28日 12:13

    撮りたてのminiDVを何度もチェックしながら、須崎からもう今日は帰らなくてはなりません。でもその前に想像通り温泉いこうか!?ということになりました。このおっさん4人組は温泉にも結構うるさいメンバーです。
    バッカスH氏は本職の焼酎以外に担当する日帰り温泉人間ナビと化し、助手席に座ってさかんに「ソーダ温泉」とかいってます。
    何も知らない私はあのソーダ水を思い浮かべて少し不安になりながら、そんな温泉あるのかなあ!?と後部座席で心配していました。
    泡がでてくる温泉にソーダ水がホースから追加されている光景を思い浮かべながら・・・着いたところは桑田山温泉。
    061125_1335~0001.jpg

    あ、これで「そうだやま」なんだ。なるほど納得。いつも須崎を通るたびに目にしていた看板の文字でした。実際には私も初めて。温泉はヌルヌル感のある単純硫黄泉でしょうか。古い温泉でもう30年もたつそうです。少しレトロな建物、浴槽でした。でもさすがに温泉でした。
     温まったところで須崎名物の「鍋焼きラーメン」でもいくか!?という流れで当たり前のように橋本食堂へ。さすがに2時を過ぎたら列も無くスムーズに席につけました。
    061125_1427~0001.jpg

    今回のSLはNHKのTVドラマのイベントでもあるようでNHKのスタッフが別室で撮影中。こちら「FIELD&STREAM」のレポーターisshyは撮影中の撮影をしました。が、また、その私を撮影したメンバーもいました。何になるのだ、そんな写真が・・・笑
    061125_1524~0002.jpg

    帰りは勿論高知自動車道。最近は少しずつ道路も拡張されてきて、対面走行の区間はあと少し残すのみです。川之江JCTを過ぎたあたりからこれまた当たり前のように顔を見合わせそわそわする、メンバー。
    善通寺という看板を見たとたんもう、誰からともなく、「うどん!!」と叫んでいました。仕方なく運転していた私は善通寺ICで降り、ビーニールハウスの岸井さんめざしましたが、夜のビニールハウスは、作業後のような状態だったので元祖ぶっかけの「山下うどん」さんへ。
    061125_1752~0001.jpg
    061125_1755~0001.jpg

    おでんとぶっかけうどんで完全満腹状態にして、瀬戸大橋経由で関西各地へ帰ったのでした。


    061124_2005~0001.jpg

    森の巣箱のお造り。戻り鰹、はまち、グレ


    ブログパーツ
    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/145-49d91456
      この記事へのトラックバック



      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。