--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    母校へ

    2006年10月25日 12:35

    仕事で子供のときに育った上京区の西陣あたり、2.3件の用事があったので、めずらしく市バスを使っていきました。小学生の頃はクラスの大半が西陣織関係の家内工業や和装飾品・染物関係の仕事をされている友達が殆どでした。ご存知のとおり、今はもう少なくなってしまい、路地を歩いていても平日の昼下がりあまり人が歩いていません。寂しさがこみ上げてきます。耳を澄ましたら必ず聞こえていた機織の音。それさえも全然聞こえない静まりかえった、まるでゴーストタウンさながらの不思議な街角です。
    061024_1416~0001.jpg

    たけもと君が住んでいた通りも人影が無いし、駄菓子屋だった場所も今は駐車場。突き当たりに見える小学校の校舎は、128年の生涯を終えて廃校となり今でも地域住民に利用されています。
    今思うと、私の母校、在校中に100周年を迎えて運動場で人文字をつくったこと、校舎の地下には怖い地下室があり、そこに石炭ストーブの石炭と薪を日直当番が取りにいかなくてはいけないけど、ストーブはみんなの中心で暖かいし、そこで先生はパンを焼いてくれたり、午後からは雪遊びでぬれた手袋なんかを乾かしてくれたり、暖かい思い出となって残っています。寒さはいまより厳しかっただろうけど、教室はとても暖かい空間だったように憶えています。
    今の子供たちは冷暖房完備、地下室も行かなくていいけど、大人になったとき暖かさを思い出すのでしょうか?少し心配です。
    061024_1717~0001.jpg

    懐かしくなり、平成9年に廃校になった母校を訪ねたのですが、地域の人が管理されていて、運動場に入れていただいたり、校舎も覗かせていただきました。いまのところ、この校舎や運動場は建替えられたり壊されたりは予定は無いそうで、少しホッとしました。非常に重厚な造りのこの学校。実は近代的学校教育制度のさきがけとなり明治2年に創設された、日本で一番最初にできた中学校で、後に小学校になり市内では初の鼓笛バンドがあったり、高学年のスキー教室も最初に取り入れた学校だったそうです。校庭には当時はそんなに大きくなかったヒマラヤスギが校舎以上に成長しているのが印象的でした。
    061024_1423~0001.jpg

    061024_1432~0001.jpg

    061024_1700~0001.jpg

    ↑この人文字の中に私がいます。確かに・・・
    そして、写真の隅っこに私の家があるのです。懐かしい写真でした。
    同窓会は校庭集合っていいたいです。いつまで残してくれるのでしょうか?ただ残すだけじゃなく、世の中のためになっているのだから、学校ってやっぱり素晴らしいですね。今度来るときはいつかわからないけど、それまで元気でって、挨拶して母校を後にしました。

    ブログパーツ
    関連記事


    コメント

    1. 京都出身の伊丹市民 | URL | -

       こんばんは。私の実家はもう少し北になるのですが、石炭ストーブありました。今となっては非常に懐かしい思い出です。

      西陣界隈がこれほどまでに変化しているとは正直知りませんでした。時代の流れとはいえ、寂しいですね・・・

    2. りつ | URL | -

      こんばんは。
      偶然ですね、私も今日 MIXIで同じ小学校に通っていた後輩からメールをいただきましたよ。
      とても懐かしいものですね。
      そうしてどういうわけか 誇らしいのです。
      何がと聞かれてもよくわからないけどね。
      その空間を知っていたものだけが共有できる、そんな想いでしょうか。

    3. kiki | URL | o25/X8aE

      素敵な小学校ですね。
      ストーブが有ったんですね。
      私の学校は九州だからでしょうか、山の分校には有るようですが
      殆どの学校では有りませんでした。
      寒さをこらえて授業が終わるのを待って校庭で
      鬼ごっこやおしくらまんじゅうで
      身体を温めていましたよ。

      自分の家が載ってるなんて嬉しいですね。

    4. yomiyomi | URL | 1QjeyAYo

      今の学校だったら当たり前かもしれないけど、
      こういう歴史のある校舎が残されてるのはいいねぇ・・・
      自分の育った街に行って、跡形もなく変わってるのはさびしいもんね・・・

      それにしても、私も冷暖房完備の学校じゃなかった!
      (いしたんより、かなり若いのに!かなり!!^^;)
      今の時代なのに、子供たちも古い冷暖房無しの校舎!(≧∇≦)
      冬はストーブだけある・・・(石炭ちゃうよ~)

    5. isshy | URL | -

      京都→伊丹さん
      いつもお名前略してすみません。笑
      西陣のご出身ですか?いちどぜひ、お越しください。
      あの織機のガチャガチャした音がしない西陣界隈は不思議な静けさです。でも、人のやさしさは残っています。しっかりと親子三代子供にも受け継がれていくような街だと思っています。ちょっと気持ち入りすぎてますかー。笑

      りつさん
      そうですよね。私も母校は誇りです。卒業生もなぜか親近感がわきますね。MIXI・・・そんなにいいことあるものなんですねー。
      お店今大変でしょう?自分の身体と心にやさしくしてあげてくださいね。頑張って!!

      kikiさん
      九州は多分ここよりは暖かいでしょう。でも、おしくらまんじゅう!とかやって温まったこともありましたよ。三丁目の夕日のようなものの価値観や人の存在感が大きい時代でしたね。いい時代でしたよね。そうおもいませんか?



    6. うさぎ | URL | -

      母校って素敵ですね。
      私は転校を2度したので、思い出が分散していてそこまで懐かしいと思うことがないので、うらやましい限りです。
      子どもの数が減ると小学校も減っていくんでしょうけど、地域をつなぐ大切な場所ですから、残ってほしいですね。

    7. isshy | URL | -

      うさぎさん
      市内のドーナツ化現象で、小学校の統廃合が行われました。
      地元の人たちも一生懸命校舎を残すことに全力で取り組んでいるようです。地元が要らないって言ったら、それまでになってしまうんです。ただ、大切なのは過去じゃなく未来です。古い校舎だけど、その歴史が何かできることを教えてくれるかもしれませんね。

    8. isshy | URL | -

      よみたん
      街中の小学校ゆえ、大気汚染や騒音対策で二重窓にする必要があったと、伝え聞いています。だから冷暖房もかんびしないといけなかったようです。よみたんの学校はその必要が無かったってことでしょうねー。
      それから年齢。同じ世代の子供がいる親だから、何歳離れていようと同世代ですよ同世代・・・笑

    9. ヌマチチブ | URL | -

      isshyさん、こんばんは。
      北海道はすっかり秋めいて、冬の足音が聞えるような寒さです。

      さて、廃校になった学校の話。とっても興味深く読ませていただきました。
      クラスの大半が西陣関係なんて、地域の特色を表していて、古き良い話ですね。

      isshyさんは、京都のご出身だったんですね。
      わたし、大好きですよ、京都。修学旅行も含め(笑)、3回行ってます。どれもが魅了してやまないまちです。
      でも、冬はストーブだったなんて、あまりにも身近ですね。

    10. isshy | URL | -

      ヌマチチブさん
      もう寒いでしょうね北海道は・・・
      こちらも明日は一番の冷え込みのようです。紅葉のシーズンがすぐそこに来ています。秋の小学校の校舎はなぜか、油引きの匂いと学芸会がよみがえってきます。いまでは少なくなった油引きですが元気な子供たちのことだから、埃が立つのを防ぐためだったのでしょうね。ハウスダストやシック症なんかの症状は当時はあまりなかったように思うんですけど、今の子供たちは弱くなったのでしょうか?

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/137-b4f62404
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。