--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    メンテナンスも大切 (コールマンのガソリンランタン)

    2006年09月13日 12:54

    今週は良くない天気、秋の長雨が続きそうです。
    まだ、雨さえやめば、最後の蝉(ミンミンゼミ)が鳴いている季節ですが、確認できません。
    今シーズンは多分もう使わないでしょうっていう感じで、ランタンを磨いてOILをさして、メンテナンスしておきました。
    060822_1025~0001.jpg

    コレクターの人も多い、コールマンのガソリンランタン。
    私も3つを使い分けています。
    左からまずは、大人数や家族で出かけるキャンプに必ず必要なのが、「NorthStar」という愛称がついている2000型。ツーマントルタイプより更に大光量なちょうちんのようなマントルが特徴です。自動点火装置も付いています。ファミリーキャンプには、一番使いやすいメインのランタンといえます。
    次は、カヌーでの河原のキャンプや夜釣りなんかにも大活躍、大人数の野外でもテーブルの近くにおくサブとしても活躍するやや小型のランタン「PEAK1 アンレデッドランタン モデル226」。普通ガソリンも使える、ソロ用として開発されたピークワンシリーズのランタンです。でも軽量のガスランタンに比べればかなり重く、使い方もやや面倒。ただ、燃料を何種類も持っていかないように統一(ホワイトガソリン)すると、いろんな場面で活躍するヤツです。実はカタログおちしてもう10年以上たっている商品で街のアウトドアショップでは今では絶対にお目にかかれないランタンです。
    私自身もし、カヌーでソロツーリングするときに実際これを使うかっていうと、今は×です。やはり、ガスには勝てないですけど・・・かわいい奴だし、修羅場を一緒にくぐってきた懐かしいランタンなのです。
    もうひとつの赤いランタンは、私の誕生年月にアメリカで製造された古い赤ランタン200Aです。お客さんに収集家の方がいて、その人にお願いして探していただきました。勿論使えるのですが、ケースが無いので持ち運ぶのには要注意です。そうだ、今度このケース自分で作ってみようかなあ。。。難しそうだなあ
    煤を払って、ガゾリンも抜いて、また次の出番を待っていただきましょう。


    ブログパーツ
    関連記事


    コメント

    1. なつ | URL | YgKj3tPc

      ランタン

      暗闇に灯るランタンの明かりを見るとほっと和みます。
      3つのランタン。形もそれぞれ違って見比べると面白いですね。
      見た目では右の赤いランタンが可愛くて私は好きです。
      これからも長く大切に使ってくださいね!

    2. kiki | URL | -

      自分と同じ歳

      素敵ですね~
      手入れしながら思い出がよみがえる瞬間は良いものでしょうね。
      自分と同じ歳のランタンには特に愛着があるでしょうね~

    3. isshy | URL | -

      kikiさん
      赤いランタンは使う頻度が少ないので、やっぱりよく使うノーススターが一番愛着あるのかなあ。でも、PEAK1も仲間って感じがします。ストイックな夜も過ごしたから・・・笑

    4. isshy | URL | -

      なつさん
      赤ランタンはなぜか、点けるとき緊張します。笑
      妻。子供たちにも人気ですが、いつもは使いません。
      誕生日とか、記念のキャンプとか、そういうとき・・・かな。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mark0623.blog20.fc2.com/tb.php/126-089e3f39
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。