--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    四万十川 単独行2013 (8年ぶりの民宿 舟母)

    2013年08月24日 13:54

    四万十町(旧窪川町)にある妻の実家をベースに中1泊2日で私はカヌーで四万十川を下りました。四万十川は7回目の川くだり、しかも単独行で下るのは2回目です。
    何人かで川くだりするときは、テント泊にしても、民宿泊にしても退屈はしないのですが、一人の野営はやはりたいくつなこともあります。今回は先日日本記録を更新した四万十市(江川崎)からのスタート。午後の割とタイトな距離を漕ぎ、支流黒尊川との合流地点、口屋内地区の民宿舟母さんの夕食をいただくことになりました。
    こちらの舟母さんとは2005年に会社の同僚たち12人でお世話になって以来8年ぶりとなりました。

    2013-08-03 sennba

    変わらない田舎の町ですが、実は数年前にシンボルでもある口屋内沈下橋が老朽化のため現在工事中で、その工事もいっこうに進んでないような感じでした。
    川からのアプローチでこの橋の無残な姿はかなりショックでした。
    対岸まで繋がっていればテントサイトに適した川原ですが、橋がないということは民宿で飲んで千鳥足で深夜にサイトまで泳いでたどり着くことは無理なわけで、しかたなく大勢のグループがテントで豪華なキャンプを張っているのを尻目に私は対岸のゴロタ石の坂道の川原にて就寝しました。
    満点の星空、久しくまとまった雨が降っていない四万十川流域だから、割と水辺に近い場所を選びました。
    持っていった一人用テントは使わずに、ゴアテックスのシュラフカバーだけで夜露を凌いで眠る、私の夏の定番スタイルです。宴(といっても私はソロなので、民宿の常連客の方たちや宿の親父さんたちと)は盛り上がり、案の定23時を越えたあたりまでいろんな話をしました。私が以前お世話になったとき、親父さんは大きなスイカを半分に切ってデザートだってデンと食卓に置いたのでした。
    さあ大変。誰が真ん中を食べるのか・・・
    みんなはスプーンを利き手に持ち、目が血走り肩で息をしながらジャイケンで死闘を繰り広げたものでした。
    スイカはみずみずしくそのときの焼酎をスイカの汁で割って飲んだのがたまらなく美味しかったのは鮮明に覚えています。
    そんな話や川の話、テナガエビにはヤマトテナガエビとミナミテナガエビの二種類がいる話やその見分け方、また今年の天然鮎、天然うなぎの状況など、いっぱい話しましたね。楽しかったです。

    で、私は寝床に横になり、星を眺めながら眠りについたのです。
    あ、そうそう、カジカガエルのやつが耳元で鳴いて少しうるさかったですが、よそ者は私なのでしかたないですが。。。
    で、夜露が多いんだなあ・・・って思って顔の辺りに水を感じて目覚めたのは深夜2時頃。気が付けば星はなくなり、雨じゃないですか。笑 はじめはすぐに止むだろうと思っていたけど止みそうにないので、民宿の軒下へ非難させていただきました。2時間ほどが過ぎたらまた元通りの満点の星空。私はまた寝床へ向かって休んだのでした。

    7.jpg

    ↑ 今回の私の寝床
    ↓ お世話になった民宿舟母(せんば)の夕食

    2013-08-03 sennba meshi

    2013-08-03 ayu (2)
    2013-08-03 tenagaebi (1)
    2013-08-03 ayu (1)

    スポンサーサイト

    夏の帰省 2013

    2013年08月21日 18:28

    讃岐うどんを食べた後、高知は四万十町へ急ぎました。妻の実家です。
    高知自動車道が四万十中央ICというところまで出来上がっていてビックリ!
    実家までは来るまで10分少し。メッチャ便利になりました。しかも最終区間は無料でした。
    ただ、他府県の私達帰省客には便利になったけど、地元民にはどうなんでしょう。国道との選択肢はできたものの、国道の交通量は激しく激減し、飲食関係や土産もの屋さんは大打撃。産業の発展どころか空洞化も激しく手放しでは喜べません。おまけに妻の通った小学校や自転車通学したトンネルはもう通らなくてもいい状況になりました。私でもなんか寂しいです。

    2013-08-04 tokorotenn
    ま、しかし、実家に着くと冷蔵庫にこれが・・・↑
    土佐久礼のところてんです。土佐では当然のかつおだし!これはもう絶品です。

    それから、夜になると今年は鰹が獲れないと嘆きつつも、やはり鰹刺身。
    2013-08-02 kubokawa

    まだまだ元気な父と母ですが、今年は孫たちが来ないのが少し寂しそうでした。
    これからは夫婦二人だけの帰省も増えるでしょう。子供たちには予定を決めてまたじいちゃんばあちゃんに会いに来て欲しいものです。

    ひさびさモーニング讃岐うどん

    2013年08月13日 01:52

    妻の実家が四万十町にあり、いつも夏に帰省しますが、今年は初めて子供の予定がつかず、二人で帰ることになりました。孫の顔見れない両親を想うと寂しいでしょうが、でも娘が元気に帰るのはやっぱり嬉しいみたいです。
    今年も夜運転パターンで瀬戸大橋経由、讃岐経由で帰りましたが、高知道が四万十中央ICまで完成していてびっくりしました。旧窪川町まで高速のみです。走りやすくなったのはいいですが、途中のかわうその里やおいしい弁当屋さん、妻の母校の七里小学校はもう通らなくなりました。寂しいものもあります。高速道路が通ってしまうと、国道沿いの商店はほとんどが生き残れなくなるようです。これって本当に地域のためになっているのでしょうか?どうも疑問に想います。

    さて、私たちは讃岐を素通りして帰るはずはないのです。笑
    うどんは絶対必須です。といっても今回は早朝。少し探しましたが、丸亀市内のはずれの『一屋』さん。カマ玉名物のお店です。カマタマーレ讃岐っていうサッカーチームがありますが、ポスターが店内に張ってある、地元の人でにぎわううどん屋さんのようです。

    2013-08-02 3 (1)

    勿論、カマタマですが、しぐれ煮も食べました。

    2013-08-02 3 (2)

    140円。まったくもって健全です。美味しいし安い、早い!讃岐うどん最高!

    2013-08-02 1

    もう一軒いこうと妻を誘いましたが、大盛注文してしまったようで、今回は一軒で、先を急ぎました。悲



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。