--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ビワマスの棲む大いなる琵琶湖よ

    2007年07月31日 01:11

    水族館というカテゴリーには入らないと思うけど、琵琶湖博物館は私の大好きな場所です。
    以前から楽しみにしていた琵琶湖博物館の館外イベント「漁船にのってビワマスを見に行こう」に参加しました。
    往復はがきで抽選の上だったので、かなりの申込者があったのかどうかはわかりませんが、漁船2そうの申込者は朝5時すぎには集まってきました。琵琶湖とはおもえないまるで海のような漁港。こんな場所があったのかと、不思議な空間でした。
    070729_0826~0001.jpg

    スタッフのかたから説明の後、それぞれ漁船に乗り込み、今回の漁場:竹生島沖へ。
    070729_0625~0001.jpg

    毎朝しかけてある刺し網をひきあげるんですが、ビワマスは本当に難しく坊主(全くかかっていない)こともある珍しくないそうです。
    でも今日は最高。幅5m程度の刺し網には多い場所で5匹ものビワマスが…
    別の舟から見学してても興奮物。歓声もあがるほど、漁師のおじさんはスターです。
    070729_0639~0001.jpg

    大きいのは50cmを超えるもので2kgはあるでしょうか?
    この時期の琵琶湖は水温も高くなっているのですが、14mほどの水深では急に水温が下がる棚があるそうです。ビワマスは冷たい水を好む魚なので、この棚の中の一番上から1-2m付近が一番多く泳いでいるそうです。餌のイサザや湖産アユが豊富だからでしょうか?漁師さんたちは長年の勘で、その日の天候や水温、水量、風までも考えて網を微調整して仕掛けるそうです。
    070729_0713~0001.jpg

    これだけ採れたことを見学者はいつもの姿と思わないでください。ってしきりにおっしゃってましたが、本当に今日は年に数度の大豊漁だったようです。
    それにしても、琵琶湖といえば、ブラックバスやブルーギルで湖本来の魚が少なくなって水質もさほどよくなく、あまりこういうイメージを持ってない方も多いでしょうが、原始のままこんなにりっぱなビワマスという種が生きていることと、その美しい魚体が朝陽に輝く姿には感動しました。
    070729_0731~0001.jpg

    そのあと、カワウの大繁殖で糞害などで知られる竹生島の現状を視察して港へ戻リましたが、それはそれは、予想以上にひどいものでした。
    070729_0755~0001.jpg

    3時半ゴロ、カワウは目覚め日没まで琵琶湖中で狩をしているのです。
    私たちが通ったのはもう8時ごろで、カワウ達は留守のはずですが、島の森にはかなりの大群でした。漁師さんから聞いた話ですが、明け方一斉に飛び立つときと、夕方一斉に戻ってくるときはこんな数じゃないって、もっとすごい大群だって聞きました。なんていえばいいんでしょう。人間が追い払ってもいろんな手を加えてもほとんど効果がない状態だったようです。本当に考えさせられる恐ろしい光景でした。
    これも運命なのでしょうか、このカワウが鴨のように食用として珍重されたり、美しい羽を持ち人間に狙われたなら、こうは繁殖できなかったでしょう。どれだけの魚がこのカワウの餌になるのでしょう。琵琶湖には現在から将来にわたってさまざまな危惧の種があります。
    そんななかの美しく、美味なビワマスがいつまでも生息できる環境であって欲しいと思いますよね。
    スポンサーサイト

    子供たちと映画

    2007年07月26日 23:22

    アジアカップで日本がサウジアラビアに敗退しました。負けたことは残念ですが、彼らのサッカーは尊敬できるサッカーでした。日本はまだまだこれから。そんなに急激に連続してアジアの王者にはなれるはずがないし、実際中東諸国をはじめアジアのサッカーはレベルアップしていると思います。次の試合ライバル韓国には勝って3位は確保したいですね。
    我が家では、家族そろってTV観戦で応援しましたが、その裏番組でWOWOWでは、あの「ホテルルワンダ」を放送していました。勿論初めてだと思います。DVDはすでに発売されているけど…
    録画しておいたのをいつかゆっくりもういちど観ようと思っていたら、高校2年生の長男と6年生の次男が二人で観たそうです。ビックリ
    長男は感想「ツチ族フツ族やなあ。恐ろしい映画やけど、知らなかったことやから知れてよかった。」
    次男の感想「最後の歌いい歌やな。でもあんな(治安の)国やのにワールドカップ予選には出てくるんやなあ。でもサッカー練習できるんやろか…」
    子供たちに見せるには覚悟のいる画像だったはずだけど、あいつらはあいつらなりに何かを感じたようです。
    20070726224006


    米国がアメリカ合衆国なら、なぜアフリカはアフリカ合衆国になれない?
    英国が連合王国なら、なぜアフリカは王国を集めて連合王国にできない?

    子供が泣いている…
    神様 私たちの叫びが聞こえましたか?

    ルワンダのことを話したい

    ルワンダにこの歌を…

    次男の言ってたラストに流れる曲の日本語翻訳(抜粋)でした。

    奴らは次は河童のクウと夏休みを観にいきたいっていってました。
    連れて行ってやろうかな。確かにいい映画みたいですね。

    台風は去り、畑の野菜たちの散髪を…

    2007年07月16日 01:11

    20070716010311.jpg

    台風4号がせっかくの3連休に日本列島に到着したおかげで、次男のサッカークラブの夏合宿は9月に延期。梅雨で長雨なのとなかなか週末に来るタイミングがなかった畑に今日は恐る恐る集まってみました。
    トマトは雨が苦手ですからちょっと危機的な状況。ナスやきゅうりもお化けのような大きさのものがあり、決して手をかけたっていえない無残な姿でした。とりあえず、トマトの枝切、なすの葉も切り、倒れかけていたゴーヤやキュウリの支柱も補強して本日終了。明日は草引きをたった一人で朝からやる予定です。でも、またお日様が野菜たちにいい効果を表してくれることでしょう。頑張ろう!!野菜たち!!

    ファミリーキャンプの聖地を訪ねた

    2007年07月11日 01:34

    先日Mさんと二人でつりに行った際に、企画した久しぶりの野外飯デイキャンプは、忘れられない素晴らしい一日となりました。
    メンバーの4家族(料理長ITA氏、隊長M氏、漁師N氏、isshy家)は元はといえば子供が小さい小さい頃公園であやしていたお母さんの仲良しつながりから発展したものです。その後、徐々にBBQやったり、飲み会したりして、TDLにも3回いっしょにいったり、1・2泊の海水浴やキャンプ、などを何度も何度も重ねてきた仲間たちです。
    もう各家の長男、長女が高校2・3年生となってなかなか揃わなかったのですが、これからは子供はそっちのけで大人たちだけでも集まれそうです。
    4軒の人口は合計で19名なのですが、今回は大人8人、子供4人の参加。集まれない理由は部活動などで、もうこれは、全員集合はお正月でもない限り難しいのです。しかたないしかたない。
    また今回集まった川原は長男長女達がまだ小さい頃から考えると10年以上訪ねていて、多い年は年6回も訪ねています。
    そんなことから考えると多分この川原には50回以上きていて、我々にとっては聖地なのです。
    川は毎年様相を変えたり季節によっては流れも変わりますが、久しぶりに来て見た川はやはりいいものです。
    この日はおかげさまでこの上ない好天に恵まれました。心の中で照る照る坊主をぶら下げていましたから、願いが叶ったのです。
    朝8時集合で、それから昼食準備にとりかかり、久しぶりの野外飯を楽しんで昼食後は泳いだり釣りしたり、昼寝したり、そして、晩御飯を食べて8時まで粘って蛍鑑賞をして帰るっていう、そこらへんのBBQの一日とは違って長いけど濃厚な一日なのです。
    昼食は料理長ITAさんの手作りピザ、そしてisshy作の魚介類のブイヤベース。それぞれが前日から買い物して準備したものです。
    070708_1257~0001.jpg


    夜は隊長M氏が前日朝から煮込んだ手作りのチキンカレー。勿論ご飯はお釜で炊き上げました。
    そんな一日でしたが、最後に心配していた蛍も8時頃からひかり初めて、やれやれ、予定通りみんな楽しんでくれました。
    雨が降ったら台無しだし、楽しみも半減したでしょうが、奥様たちも朝から晩までたっぷり尽きない話題でしゃべりっぱなし。
    川原は日曜日なのに、我々の独断場。穴場なのです。トイレも近くにあって女性たちにも好評。適度な流れは子供たちが流されながら遊ぶのにうってつけの川です。春には山菜(コゴミ、ワラビ、タラノメ)秋には食べたことないけどさまざまな野生のきのこも豊富。魚影も濃く、カマツカやアジメドジョウ、アユ、ゴリはいっぱいいます。夏にはウナギを採ったこともありました。野生動物も時々見かけます。鹿、いのしし、ヤマドリ、キツネ、そして今回もカルガモの一家が泳いでいました。そんな聖地に3年ぶりにやってきて、みんなとてもいい顔していました。
    我々も日頃できない好きなことをいっぱいして昼寝もして、素晴らしい初夏の一日でした。次回は9月にもう一度計画しようといって別れたのですが、これからは大人たちだけでもこうやって集まりたいものです。
    勿論大きくなった子供たちも本当は来たいようでした。時間があったらおいでよって感じで、また企画してみます。
    070708_1308~0001.jpg


    070708_1310~0001.jpg


    070708_1448~0001.jpg


    この川は宝物です。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。