--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スイカ再発見!!

    2006年07月31日 01:12

    サボってたわけじゃないんですが、天候と仕事の噛みあわせがうまくいかず、畑仕事は久しぶりとなってしまった私です。
    ほかのメンバーからは、草引きの刑の執行を命じられ、日曜日の朝から、しゃがみこんで、ムシャムシャと雑草たちと戦っていました。
    途中のどが渇いたら、トマトをむしり取ってかぶり付き、水分と甘みを楽しみながら・・・笑
    昼過ぎにはもうクタクタでした。雨も長く大量に降ったので、作物たちちょっと元気がないようです。ナスはこの時期なのに、まだ小さいのだけ。きゅうりはとり損ねたオバケサイズが一杯できてしまって、とまとはブンブンにやられっぱなし、自然薯も葉の成長が少し遅く、こちらはかなり心配です。花は少し咲き始めたけど、これからが勝負ってとこでしょうか。

    それはそうと、昨夜友人であるRちゃんの会社の福利厚生制度の打ち合わせのとき、畑のスイカを食べさせていただいたら、メチャ旨いんです。
    疲れていたのは差し引いても、冷えたスイカの魅力に完全に参ってしまいました。赤・黄どちらもおいしかったよー。Rちゃんありがとう。
    060729_2059~0001.jpg


    スイカといえば、昨年四万十川の民宿「舟母」※せんば で宿泊した時、宿のご主人は、食卓に大きなスイカをドーンとおいて半分に切り、みんなにスプーンを渡して、スイカを振舞ってくれました。その豪快さ。
    やがて、スイカだけじゃなく、焼酎をスイカの溢れてくるジュースで割って、スイカも入れて焼酎のスイカ割りも始まるし・・・スイカの豪快な楽しみ方ですよね。大きなスイカだから井戸じゃないと冷やせない。
    都会では小ぶりのスイカがいいのかも・・・
    おいしかったらいいのです。
    スポンサーサイト

    TULIPとGUITER弾いてた頃♪

    2006年07月29日 11:06

    私が、GUITER に夢中になったのは、高校生のときからです。
    中3のとき、井上陽水や吉田拓郎のレコードに出会って、少しづつ興味が湧いてきてたんですが、高校生のとき同じ趣味思考の仲間に恵まれ、TULIPのコピーをして、文化祭などでステージ(小さいですが・・・)にも立つようになりました。
    3年の夏には初めて作詞作曲も・・・卒業後も新しいメンバーとバンド活動はやっていました。学生時代に何度もミニコンサートも、僕たちにしては本格的なスタジオで、録音して記念テープ作ったり、そういったGUITERとの思い出の中にはいつも、TULIPが中心にいました。
    今日から、あの KIRINラガーのCMにオリジナルメンバーのTULIPが登場します。長くて30秒の短いCMですが、是非、昔を思い出したり、TULIPをもう一度好きになったりしてください。私は彼らの変わらない PURE POPS が好きです。
    20060729110617

    初めて買ってもらったモーリスの後、初めてヨーロッパへ出張したときに最終日、ストックホルムの旧市街の楽器屋で衝動買いしたOvetionです。今の私のメインです。といっても、もうこれも20年ほどの付き合いでしょうか。
    今では弦も腕も多少錆付き気味ですが・・・笑

    夏の朝

    2006年07月28日 08:21

    気象庁はええかげんにしてほしいですね。
    専門家だから信じてしまうんですが、今週の初め金曜日(今日)までは
    降ったりやんだり、梅雨前線も停滞するなんて、いってましたが、翌日火曜日には晴れ間も覗きだし、水曜日から今日まではもう真夏の天候。
    蝉も鳴き出して、もう梅雨が明けたことを知らせています。
    梅雨明けは気象庁じゃなく、蝉が教えてくれるもの。今年もまた実感しました。
    仕方なく中止した川遊び。本当なら今朝のような暑い日は朝から川に飛び込んでプカプカ浮きながら水中でビールをプワーッとやってるはずです。フゥ
    あまりにも惜しい判断ミスでした。しかたないけど・・・
    うちですごす夏も楽しみたいですね。
    懐かしいでしょ?この夏も主力のぶた蚊取り線香!水性リキッドなんかに負けないぞ!!
    200607280921112

    さて、夏の朝は、プランターのしし唐(伏見唐辛子)をもぎって感謝です。週末は畑にも行かないと・・・心配です。
    シャワーを浴びてさあ、仕事仕事!!
    20060728092111

    勇気ある決断・・・悔いも残る優柔不断

    2006年07月25日 01:12

    月曜朝、とても気になっていたことがありました。
    26日(水)の夜から楽しみにしている今年初の川遊びツアーです。
    参加メンバーは、私に会うなり、大丈夫か?ッて聞いてきます。
    勿論大丈夫だけど、そんなに心配なら現地へ聞いてみようっていうことで、宿泊先に問い合わせたら、多少は増水してるけど、このまま天候が回復しそうだし、これからも多少の雨が降っても大雨が降らない限り川は大丈夫だよ・・・っていう答えです。想像していたとおりの答え。
    そうなんです。この川は山肌が天然林でスポンジのように保水力があるから、(和歌山にしては・・・)これぐらいの雨でも大丈夫っていうことなんです。でも、メンバーの家族にその説明をして家を出るのもちょっとなあ、それに報道ではすごい画像も流れてるしなあ、何よりも当日の天候も曇りや雨だという予報だし、だから思い切ってキャンセルしました。そして、有無も言わさず8月の下旬同じ条件で予約をして、メンバー全員の承諾を得ました。この日しかコテージが空いてない上、忙しいのにこんな計画ばっかりで、予定の調整やってられないので、事後報告で連絡した人もいました。
    今回に関しては勇気ある決断とかいうのじゃなく、事前に不安を回避したのが、本音のようです。好天に恵まれて気持ちよく楽しく川遊びをしたいですから。
    でも、少し経験者ならみんなおもうものですが、少し増水した日置川の瀬もやってみたいなあって思うのでした・・・残念。
    P050825_1024~00.jpg

    今年初めてのカヌーツアー

    2006年07月21日 16:34

    もうすぐ日置川へ遊びに行きます。
    今回の宿泊先はバストイレ、ロフト、バルコニー付の結構豪華なおしゃれなコテージです。だいたい、行動パターンが明らかになってきました。海まわりの釣り組、川廻りの川遊び組、そしてカヌー川くだり隊の3つにわかれて現地で合流です。必ず各自一品晩飯のおかずを調達することが、ノルマとなっています。
    最近の雨で川は天竜川の一歩手前って言う感じ(現地のカヌーイスト談)らしいですが、私自身は今週中に天候が回復すればそんなに大きなダメージはないだろうって思っています。途中の山間部の落石は少し心配ですが、川に関しては非常に保水力のある山林を水源とする川なので、都会の川のように、降ったらすぐ濁って、晴れ続くとすぐ渇水になるっていう川じゃないから、そんなに心配はしていません。
    ただ、着いてみて、平水より少し増水していてもいいけど、川の色が平常に戻っていないとやはり、初心者もいるので危険かなあって思います。このときは1日目は支流での川遊びに変更っていうことになるでしょう。
     今回は宴会も充実するでしょう。久しぶりにダッチオーブンを登場させます。本当は河原で直火の焚き火が大好きなんですが、おしゃれなリバーサイドコテージでは、禁止だそうです。(私が今回不満なのは実はこれだけです)料理長の通称クマは、はじめは帰ってきた次の日から海に行くからって気乗りしないようにいってましたが、今は早朝のキス釣りに燃えてます。私のDIYの火付け役、鉄道模型に恋してるおっさんK氏は愛犬ゴールデンと奥様と川遊び満喫。酒飲みのバッカスH氏はいつものように酒を吟味し、予約・確認作業をして、私のようなアバウト人間を割りと上手にサポートしてくれてます。合格点です。ほめてあげたい・・・笑
    カヌーメンバーの原点はみんなこのBLOGのLINKにもあります、NCPA日本カヌー普及協会 です。今夏カヌーはじめてみたいなあ・・・まだ自分のカヌー持ってないけど、いきたいなあ。。。って方は、初心者スクールや初心者ツアーもありますので、お勧めします。基本はやっぱり大切です。カヌーは自由な分、最終的には自分で責任を取る遊びだと思っています。そこんとこは、たのしくしっかり教えてくれるのでいいですよ。
    近くでほぼ手ぶらで参加できるツアーはこれです。
    今回はなんと!レンタルカヌー無料がいいですよね。キャンプの夜を手軽に味わえます。料理が最高に旨いです。楽しいです。本当は私も行きたいのですが、かえって来た日だしなあ・・・
    20060721163355.jpg

    現地情報収集

    2006年07月20日 00:12

    今年の夏、またまたおっさんたちで、川遊びをします。
    仁淀川にしようって思ってたんですが、いろんな意見が出て、今回は和歌山県の清流:日置川に決定いたしました。
    私は実は17年ほど前からカヌーをやってます。
    もちろん、初めはカヌースクールに入って基本を学びました。
    が、その後、ツアーにも頻繁に参加したり、今度はツアーのサポートを頼まれたりしながら、経験を重ねていったことになります。
    そのうち、ツアーもいいけど、自分たちで企画して行くことの楽しさを覚え、さまざまな川を攻めました。その中で一番思い出深いのがこの日置川です。その頃の現場の状況や経験を国土地理院発行の25000分の1の地形図に書き込んであります。
    今回は3年ぶりの日置川。しかも、総勢9名のわがままし放題のおっさんたちを案内することになるので、もう一度いろんな店屋や、キャンプ場や温泉や酒屋の確認も必要かなあと思って、ちょっと下調べをしていました。
    本番は26日~28日。もうすぐです。このまま梅雨が明け、これ以上は雨も抑えていただいて、当日を迎えるとちょうどいい水量なんじゃないかなあと思います。これは、日本列島さまざまな場所で水害や土砂崩れに合われた方には、失礼な話ですね。お見舞い申し上げます。
    やや亜熱帯気候化しているとか、エルニーニニョの影響だとかいろいろいってますが、もっと、マスコミも行政も空のせいにしないで足元を見てほしいです。森林の乾燥化や伐採計画のずさんさ、無用なダム、橋、
    そんなものが、どれだけ本来の自然の流れを妨げているか、そこを報道したり、反省したり、改善していかなくては、空のことばっかりいってても、どうにもならないですよね。以前はそうでもなかった少しの降雨で、河川は氾濫したり決壊したり、悪循環を繰り返してばかりが続くんじゃないでしょうか。
    私は今年も本来の色濃く残った自然の川をいろんな想い出を振り返りながら、疲れも癒してリフレッシュして、楽しんできたいと思っています。
    200607200012172


    20060720001217


    オヤコサッカー

    2006年07月17日 01:36

    3連休海の日。初めてこの海の日ができた時は、なるほど、いい休日だなあって思ったものでした。7月も下旬。子供たちは夏休みに入って間もない頃。そして、梅雨明け10日といって、一番夏らしい天気が続き安定して、海も波が穏やかな日が続く頃です。それがどうですか?このごろの海の日。夏休み前、梅雨の最中、おまけに、今年なんか祇園祭の山鉾巡行の日。これでは、海の日も泣きます。もっと、海の日は国民に海に出かけてもらって、海で遊んでほしいって思ってるはずです。
    ってまあ、いつものように、文句言ってます私でした。
    060716_1845~0001.jpg

    昨日は日帰りで次男のサッカーチームの合宿に参加しました。
    BBQやら、オヤコサッカー(サッカーとはまた違うルールのスポーツ)で楽しんだ後、天候も悪く、大雨の中、体育館で休んだりしてましたが、夕方になって虹もかかって、雨がやみました。
    060716_1856~0001.jpg
    ややゆるい芝生のグランドですが、夕食後ナイターでまたオヤコサッカーやって、ビッショビショ、ゼイゼイ、フーラフラ状態で、運転して帰ってきました。
    060716_1920~0001.jpg

    クッタクタの一日でしたが、久しぶりに軟いトレーニングやジムじゃなく、自分を追い込んだ体の使い方ができて、ある意味すごい満足してます。妻は今夜現地で一泊お付き合いです。私もそのつもりだったのですが急に仕事が入ってしまって。でもしかたないこと。
    お父さんお母さんとコーチたちで宴会してるんだろうなあ。
    私はたくさんの子供の洗濯物をゴミ袋に放り込んでもって帰ってきて、洗濯機を回します。
    このドロドロはかなり手ごわいので、洗濯板は必需品です。
    疲れてますが、サッカーは楽しい。ちなみに2試合で親父チーム2勝。
    まだまだ、今年は負けてられません。私も1試合づつ2得点1アシスト。楽しかったです。特に2点目は直接FKでしたから・・・イヒヒ

    中田英寿といっしょに、W杯を振り返った夜。

    2006年07月15日 22:08

    今日は日中少し郊外の清流で、遊んできました。久しぶりに休みらしい休みを満喫できました。夕方には梅雨明けのような雷雨の夕立が降り、昨日そういえば入道雲も確認できたので、もう本格的な夏はすぐそこのようです。でも、梅雨明けのサインは、本当はTVの気象予報士じゃなく、実は蝉の声ですぐわかるというものです。そういえばまだ鳴いていませんね。もう一雨あってそれからでしょうか?
    夜一人でTVを見ていたら、中田英寿選手の引退特番をやっていました。マスコミやファンからも多分意識的にいつも等間隔の距離を置いてきた中田英寿(愛情込めてヒデと呼ばせていただきます)が、珍しくかなりの長い時間インタビューを受けた、インタビュー番組でした。
    今回のW杯初戦オーストラリア戦、そして、背水のクロアチア戦、ヒデのラストゲーム・ブラジル戦、私自身もいろんな報道やコラムから、中田ヒデがどう思っていたんだろう、この場面ではどうだったんだろうって、とても興味がありました。そして、引退表明したからじゃないけど、今回のW杯は、ある意味私は中田JAPANの戦いのように捉えていたのです。中田の追ってるようなナショナルチームに果たして成長しているんだろうか、そこは、大会前にとても気になるところでもありました。今夜の番組を一人で集中して観る事ができたのは、とてもタイミングも良かったし、ヒデの考えがとてもストレートに爽やかに私の心に伝わってきたのが、うれしかったです。何度も言ってますが、孤高の偉大な選手:中田英寿だったが、最後の最後まで身体も魂もサッカーという戦いにささげることができた唯一のプロサッカー選手だったような気がします。
    いい番組でした。見てない人、サッカーやまたはともすれば、中田英寿そのものがあまりすきじゃなかった人も、ぜひビデオ借りてみてほしいと思います。勿論私は、息子たちのためにも、DVDでしっかり録画しました。彼から学ぶことはたくさんあります。子供たちだけじゃなく私たちおじさんにも。。。
    自分の宝物といえる保存版番組コレクションがもう一枚加わりました。
    060707_1201~0001.jpg

    花の名前はネジバナってか!?

    2006年07月12日 10:48

    6月に誕生日を迎える私にはいつも、健康診断がまっています。今年は人間ドッグで、結構いろいろ調べてもらったのですが、昨年のBLOGにも書いたんですが、胃カメラとの試合が今年も行われました。
    実は某たけ○病院で私は既に2度挑戦しています。
    1度目の私:いざ挿入のとき、おじけづいて、自分から×サイン・・・敗退
    2度目の私:優しい看護士さんに助けられ、感謝しつつ、果敢にチャレンジしたものの、気持ちとは裏腹に全身が拒否した模様で、先生からこれ以上入れると危険ということで、未遂に終わる。敗退
    とまあ、そんな人にはいえないような情けない私です。2敗してます。
    思えば昨年は先生の麻酔のタイミングが悪く、断念した頃からのどの感覚が麻痺してきたような気がしたので、そのことを告げ、そういう失敗要素をすべて排除して、看護士さんもやさしい人にお願いして(これはうそですが・・・)穏やかな気持ちで、試合に挑んだのでした。
    この冷静なところが良かったのか、看護士さんも自然な感じで試合の雰囲気を盛り上げてくれました。敵のターミネーターみたいな奴は、クネクネ動いて準備運動しています。さきっちょは当たり前だけどピカっと光ってて、こんな奴に、もう40年余り生きている俺様が負けてなるものかと、気合も入ります。でも気合は全身で入れてはいけないので、身体は自然にゆったりと試合に挑んだのでした。麻酔も早めに打ってもらって、(全身麻酔でもいいから!)とかいう私の意見は無視され笑われながら、いよいよ奴は侵入してきました。
    結果は私の勝利でした。ターミネーターのやつは、おもったより意気地なしで簡単に私に飲み込まれ、無事に胃や十二指腸を散策し、ゲロっという感じで、吐き出してやったのでした。
    後でドクターと写真を見ながらの会話。
    Dr「腫瘍痕もないしピンク色できれいな胃壁ですね」
    私「焼肉なら特上のミノですねー」終わったあとは妙に余裕をかましてます。
    Dr「ウフフ。かなり若い方の胃ですね。」
    私「30代ぐらいですか?」
    Dr「いえー、もっとですねー」
    私「ほんまですかー。じゃ20代の胃なんですか?」
    Dr「まあそうですね。全然心配事ないでしょ?」
    私「え?」
    まあ、最後のひと言はちと解明が必要ですが、先生も本当は40代なのに、30代にみえましたよー。ってよういわなかったけどー・・・
    胃カメラ初体験。無事勝利でした。
    20060712104657.jpg

    オヤジが植えてる山野草、ネジバナ(そのままです)っていう花らしいです。
    携帯PCモードで撮影してみました。可憐な花ですね。胃がねじれなくてよかった・・・

    長刀鉾がよっこらしょっと・・・

    2006年07月11日 23:03

    20060712010326[GPS情報URL] http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.00.10.36&lon=+135.45.37.51&fm=0


     この時期の四条烏丸は日を追うごとに人が集まってきます。梅雨明けはまだですから、もう蒸し暑い中人ごみの中、大変です。今年は特に3連休に祇園祭が重なるため天候しだいですが、史上最多の人出となるのではないでしょうか?ああ、おそろしやおそろしや・・・

    瀬の下見をする

    2006年07月10日 00:09

    久しぶりのカヌーでの川くだりを前に今日ははじめての川(由良川)で下見をしました。
    カーナビ・地形図やロードマップを何度も見ながら、川のポイントを地上から下見します。川にアプローチできる国道や県道府道はかぎられています。近年は道路もよくなりバイパスができたりして、川のそばや集落を通る田舎道が目に見えて少なくなっています。
    そうなると、川への入り口はますます少なくなってしまうのです。
    大きな橋は昔の古い橋になりかわって立派に自慢げに川を跨ぎます。
    こうやって、川を望むことのできる橋は許せますが、なかには川を覗くことさえできない橋(高速で車を通すだけの橋)さえあるのですから・・・
    今回のコースのスタート地点からすぐ下の何度も続く瀬は5段階で2級程度。コースにとりたてて障害物も見つけられないし、下ってみないとわからないけど、問題無さそうな、快適な瀬の連続のように見えました。
    20060709230918

    梅雨時の少し増水気味の水量がちょうどいいはず、降雨のあとすぐじゃなく、暫く日を置いてから日程が合えば下ろうと思っています。
    今月末には昨年四万十川をたっぷり満喫した川遊びメンバーと今回は和歌山県の清流・日置川を予定しています。今回は無理せず家族の顔色も気にしながら1泊の予定ですが、陸上班や漁師班がてぐすね引いて待っているそうです。焚き火宴会になりそう・・・楽しみです。

    発芽 ~2006自然薯~

    2006年07月09日 08:17

    今年の自然薯は弦の延び方にかなりの差があるようです。
    やっとでてきた芽、またこれから出てくる芽もあるようです。
    060624_1846~0001.jpg

    でももう早くから伸びている弦は2mにも達し、葉も夏のように茂ってきました。
    060624_1834~0001.jpg

    今回はジャガイモ(きたあかり)の収穫。さつまいもの株分け。そして、雑草抜き。
    060624_1702~0001.jpg

    060624_1825~0001.jpg

    この時期に株分けすると、明日から一雨降ってほしいのですが、どうなのかなあ・・・
    060624_1831~0001.jpg

    鍬やシャベルも最後に泥を落として、お疲れ様でした。

    我が家の功労車引退、次世代にバトンタッチ

    2006年07月08日 14:01

    先日誕生日を迎えたばかりの次男は今小学校5年生。ゴールデンエイジ真っ只中なのですが、今回の主役は、そんな悪ガキたちを運びまくった我が家のファミリーカー引退の話題です。次男と同じく平成8年式、走行距離187500km。恐れ入りますよね。
    4WDで、ツインムーンルーフ?(要するに天井から月が見える)8人乗りで、今ではおなじみになったたまごのような形。でも発売当時は斬新なデザインであまり、車にこだわりのない私が惚れに惚れこんだヤツとの別れです。
    060602_1723~0001.jpg

    新車の頃は長男が5歳、長女が2歳。次男はまだお腹の中。二人とも形の違うチャイルドシートにくくりつけ、ホレ、キャンプだ、蛍見物だ、海だ、スキーだ、里帰りだ、サッカーだ、と高速走行にも優れ、かといって、オフロードやときには河原まで、制覇したオールラウンドなヤツには最高功労車の表彰をしたい気持ちで一杯です。大好きな車でした。できれば、20万キロを超えてもずっと乗っていきたかったのですが、ディーゼルだったのと、エンジン他が故障して修理に50万程度かかることなど考えたら、しかたのない決断だったのではと思います。
     車の選び方は人それぞれでしょう。次の車へのこだわりは私の場合、前任車の意思を引き継ぐことのみでした。ハイブリット車も視野にはありましたが、今回はまだ時期早々と判断し、汚れの目立たないであろう、シルバーの後継車を選んだのです。
    060614_1900~0001.jpg

    4WDじゃないし、天井から月は見れないけど、でも運転のしやすさ、スタイリング、乗りやすさは、前任車の意思を受け継いでいます。これからまだまだ、家族で乗ることも多いはずだし、新しい家族を大切にしていきたいですね。


    ブログパーツ

    燃え尽きたのか・・・

    2006年07月03日 22:08

    母が・・・
    サッカーのカズが引退するって、叫びだした。
    よく聞いてみると、どうやら間違いのよう。。。カズじゃなくてよかったもつかの間・・・字幕スーパーに中田ヒデが引退って!!!???
    代表引退やろ?ってでもよく見ると現役引退って・・・
    待てよ!ヒデ!美しすぎるじゃないか・・・
    日本サッカー界のため、もう少しプレーヤーとして、後継者を見つめてやってほしい・・・
    松井か阿部か・・・(残念ながらそれ以外は今はここでは登場させたくない)知らないけど、必要なんだって、電話かけて説得したい気持ちです。
    どうなっていくんだろう・・・はじめからやり直すのか?
    経験をピッチで伝えることのできるのは、そんなにはいないんだよ。日本サッカー界には・・・
    060703_2301~0001.jpg




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。