--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    isshy の料理メモ vol.4 シンプルチャーハン

    2006年06月30日 23:03

    なかなかカヌーで川くだりにいけなくて、うずうずしています。
    ダウンリバーでの川原のキャンプでの夕食は全身の疲れや日焼けと同時に、知らぬ間に少し身体も冷えていますので、あったかい料理がいいようです。
    ビールで何かつまみながら、盛り上がった後は、ウイスキー(または焼酎)へ移行するのが、普通です。
    勿論、川原では焚き火です。カジカの声、フクロウや獣たちの鳴き声、そして、川のせせらぎをバックに焚き火を見つめてのむ酒は黙ってても、騒いでても旨いものです。疲れも手伝ってか、一人また一人とテントへ消えていきます。
    そしてそんなキャンプの朝。これからまた体力を使うカヌーの川くだりは、いい加減な朝食ではだめなのです。残飯を活用し、ボリュームと手軽さ、後片付けのことも考えると、定番は朝からチャーハンということになります。いろんなもの入れてもいいのですが、私はネギと卵だけのシンプルなチャーハンが好きです。
    今回はそんなシチュエーションを思い浮かべながら、自宅のガスレンジでひとり再現してみました。
    中華なべは、本来は安定感のある両手の上海鍋がいいかもしれないのですが、今回は扱いやすい北京鍋で。いつもキャンプにも持参する、最強の野外料理グッズです。
    まずは、焼けそうなほど、中華鍋を熱します。お玉も十分に熱します。
    060526_1331~0001.jpg

    準備する食材は、冷ご飯、卵、長ネギ、塩、胡椒、紹興酒(日本酒)、醤油、です。
    ネギは私の好みでシャキシャキ感を楽しみたいので、主に白い部分を好みます。もちろん全部使いますが、たてに3~4cmに切っておきます。卵はよくかき混ぜておきます。
    060526_1329~0001.jpg

    まず、ゴマ油を少し多い目に鍋へ。多くても大丈夫です。卵の中にしみこみます。そこへ、すかさず溶き卵を流しこみます。空気を入れながららすばやく行います・・もつかの間、すぐさま固まった冷ご飯をぶち込みます。オタマの背でグイグイ押したり、オタマで切るようにほぐしながら、卵と絡めていきます。塩コショウも忘れずに・・・
    ここまでのスピードは本当戦争のようです。だれが何を言っても、もう余裕がありません。
    ここからはパワー勝負。あおってあおってあおりまくります。
    自宅のガスレンジの上でもやかましいけどガチャガチャとかっこつけてあおります。このあおりは本当に大切な行程で、この作業で、水分をとばし、ご飯をバラバラにすることができます。
    060526_1336~0001.jpg

    何度も何度もあおっているうちにご飯がばらばらになってきます。
    そこへ、酒を少々、醤油も少々、香り付けです。
    出来上がり前には準備していた長ネギを加えます。
    ネギ投入後はネギが少ししっとりするぐらいで、あおりを終了します。
    前半戦はスピード中盤から後半はパワー攻撃!この辺まで来るとチャーハンらしい中身を見て、少し自分の健闘にも自分で感謝などしながら、額の汗はあえてぬぐおうとはせず、一心不乱に料理人になりきるのです。
    060526_1338~0001.jpg

    キャンプの時は、みんなさらに分けたりせず、中華鍋のまま、みんな食べるだけ小皿にとって食べてるようです。
    自分でもなんですが、私のチャーハンはそこそこいけるんですよね。
    決して繊細なことはないのですが、あおりはしっかりしておけば、ベタつかないおいしいチャーハンができるのです。
    息子も娘も、私のチャーハンには目がないようです。
    ときどき妻もチャーハン作るんですが、テフロンのフライパンでなにがチャーハンじゃい!。いつも父の勝ちです。エヘン

    スポンサーサイト

    暑い熱い魂の夜

    2006年06月23日 00:01

    20060605075408


    ZICOの最後の采配。今夜母国ブラジルに果敢に挑戦するその姿を、日本サッカー協会、Jリーグ関係者、そして、アントラーズの選手、すべての日本人選手はよく目に焼き付けておくべきでしょう。
    日本サッカーJリーグ創世記を支え、そして、今回のドイツでのワールドカップで日本代表を指導した偉大なセレソンの10番、ZICO。
    私もこれから仮眠し、しっかりONTIMEにはTVで観戦します。
    日本代表の選手たち、楽しんでほしい。最高の舞台で、最高の監督で、最高の仲間たちと、最高の敵を倒すため戦うその喜びを噛み締めて、日本の子供たちに語り継がれるようなすばらしいサッカーを期待しています。
    レモンの花。ブラジルでも咲くらしい・・・うちの畑より

    そうそう、奇しくも今日は私と次男の誕生日です。笑。楽しみましょう。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。