--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    心を整えよ!

    2011年07月29日 00:31

    isshy Jr.№2 我が家の次男の話です。
    高校1年生の息子は今、自身のサッカー経験の中で初めてといっていいほどの試練と戦っています。
    小学校のときからサッカーが好きで好きでたまらないサッカー小僧でした。
    プレイスタイルはどうなんでしょうか、今まで小学校高学年や中学生のときはそうだなあ、日本代表遠藤選手やちょっと前の三浦淳選手のようなイメージでしょうか。
    奪ったボールを長短のパスで組み立てて攻めていくのが好きなんだろうなあって思います。本人には確認していませんが・・・笑
    その息子も今年から高校生。入部当初は上級生のメンバーに混じってまたまた自分の主にやってきた好んでいるポジションであるボランチ(昔ならデフェンシブハーフ)でアピールしていました。
    しかしながら自分たち1年生のチームでは今は、慣れない前線で使われているようです。
    そしてそのポジションで結果が出ないのに使われ続けているから本人はプレッシャーやら焦りやらがあるようです。
    そこへ、今のチームの監督(先生)が大変厳しくいつも怒られてばっかりで、(勿論サッカーに関して)毎日悩み苦しんでいました。
    小学生中学生時代はクラブチームでこれでも選抜に選ばれたりしながら今まではそんなに怒られたり毎日厳しい立場にされたりはなかったようですが、高校になって6月頃から急にポジションを変えられて自分の定位置だと思っていたボランチを他の同級生に奪われたような格好になり、自分は上級生の試合にもベンチばかりになってしまい、1年生チームの中でも思うようなサッカーができずかなり毎日怒られて珍しくサッカーおもしろないんや!って弱音を吐いたりしていました。

    そんな中、先日スパイクを買いに郊外のサッカー専門店へいきました。
    MIZUNO製(モレリア等)ばかりのスパイクしか選ばなかった次男です。日本人独特で足の幅がやはり広く、ナイキやadidas,PUMAといったメーカーではなかなか幅が合わないのもひとつの原因です。でも高校生になってから人工芝での練習や試合が非常に多く、足を痛めないかなあって心配もしていましたので、最近はわりと各社人工芝向きのスパイクも発売されているので試してみたらどうかとお店のスタッフの兄ちゃんや父親母親に進められるのでいろいろ履き比べているところです。
    結局は頑固なやつで足の感触が馴染みのあるMIZUNO製にしましたが、もう一足雨降り用で人口合皮のスパイクを初めてアシックスで選んだようです。
    スパイク選びも大変です。

    moblog_d5f7ca1d_20110728180733.jpg

    そして夏休みに入ってからは先生の熱心さが伝わってくるほど遠征や周辺の強豪校との試合が多く、その中でずっと1トップ3シャドウの布陣でトップ下や後半2トップになってからはフォワードで使われ続けてなんだか慣れてきたわ!って最近は言うようになりました。笑
    それからとてもいいきっかけだったのは日本代表キャプテン長谷部選手の本「心を整える」に書いてあったヒントを自分で実行したみたいです。監督の好むサッカーをやるのが一番っていうことなんだろうだけど、要は器用じゃないといけないのかなと。勿論その底辺にはサッカーがしたい!試合で活躍したい!って言うのがあるわけです。
    結果は出ていないけど、監督からはisshy Jr.№2 悪くなかったよ!って控えめに褒められたりして本人は徐々にまたサッカーの楽しさを新しいステージでの楽しみを見つけつつあるようです。まだまだ単純なやつです。

    ナイターの練習試合やリーグ戦も多く、たまにはと高校生になってからはじめて観戦にいきました。
    やはり高校生はかなりスピードも違うし、観戦していて面白いものです。
    後2年間ほどは高校サッカーが楽しめると思うと楽しいものです。
    長男のように活発なタイプじゃなくかなり慎重派ですが、最終的にはこのポジションじゃなくても今の経験はありがたいしたぶん監督もいろんなこと考えて使い続けてくれているんだろうと思うし、その点は監督を信頼しています。
    夏の間行けるなら何度でも試合観戦にいきたいものです。平成7年頃の長男の幼稚園からはじまる我が家のサッカー観戦もかなり終盤を迎えています。今のうちです。笑




    ブログランキング・にほんブログ村へ

    スポンサーサイト

    ジュニアユースU-15 敗退し、すべての大会を終えた瞬間

    2010年11月14日 02:17

    11月3日になんとか同点に追いつきPK戦4-5で勝利したので、昨日またその続きのトーナメントがありました。中学3年生。彼らの最後の公式戦です。このチームでやるサッカーは負けるともうすべてが終わってしまいます。
    IMG_0438.jpg
    今回の試合は、伝統を誇る紫軍団。名前負けしないよう、頑張るだけです。メンバーが揃わない、GKは急造、ほかも怪我でベンチ入りもしていない選手、そして骨折から立ち直ってきて、ようやくきょうベンチ入りした選手、そんな中、いつも気をつけないといけない立ち上がり。ほんの5分で2失点。どうなることかと、ゲーム作れるのか心配な展開です。
    しかし、成長した奴らは徐々に自分たちのパスサッカーを実践していきます。前半終了間際に、振り出しに戻す2点目をゲットし、ハーフタイム。
    IMG_0437.jpg
    ベンチのコーチからは「相手は前(FW)は旨いけど、弱点はサイドバック」「今までどおり自分たちのパスサッカーを」などの支持や激励が飛びます。しかし、終了間際、その上手かった相手FWは完全に押さえたものの、ゴール前の混戦の中からこぼれ玉を押し込まれて失点。痛恨でした。取り返そうとあせるイレブン。もう時間は残ってなかったのです。そして、長い笛が・・・
    IMG_0440.jpg
    奴らのやってきた、教わってきたサッカーは随所に見せてくれましたが、駒不足も含めて最後は力の差が出たのかもしれません。
    IMG_0442.jpg
    背番号6がみんなになにか言ってます。言葉は聞き取れなかったですが・・・
    小さい身長でもできること、実践してくれた息子にも心から拍手を送りたいです。
    勿論高校でもサッカーやるはずなので、今度は敵になる選手同士。そのかわり小学校のときのチームメイトが高校でまたいっしょになったりもするでしょう。奴らは高校サッカーで開花してくれたら嬉しいものです。あ、勿論開花っていったって、プロになるほどのレベルじゃないですから・・・試合に出て、高校選手権を戦って欲しいっていう意味です。期待しましょう。それまでは受験もあるし、しばし休憩です。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    11月3日

    2010年11月04日 01:31

    今日は isshy Jr.No2 (二男)の中学生最後となるかもしれない公式戦。
    久々に西宇治公園運動場へ観戦にでかけました。
    お母ちゃんたち中心の保護者たち。小学校までは私もしょっちゅう、練習試合までも応援に行ってましたが、中学はなかなかそうはいかなくて、子供たちも微妙に大人ぶる年頃、ココイチという大事な試合以外は見に来てくれるな!って感じでしょうか。
    007.jpg
    この大会はトーナメントなので、負けたら即引退っていう現実が待っています。
    3年間学校の部活動を横目に自転車で遠い場所にあるこのクラブチームの練習に通い、ほかの学校の友達たちと頑張ってきたみんなの最後の公式戦。いつもより保護者の方たちも多いのは当たり前ですよね。ちょっとでも勝ち進んで長くみんなでサッカーをしたいっていう気持ちは誰にだってあるはずですが、勝負事スポーツの宿命、勝つか負けるかしかありません。今日の相手はたぶん実力では上のオレンジ軍団!小学校のときからの知ったライバルもいっぱいいます。
    011_20101104003221.jpg
    試合開始!前の試合で終了間際に反則でPKを与えたしまった負けたチームの選手が悔し泣きする声が響く中、試合ははじまりました。
    入り方はいつもの課題ですが、緊張もあったのかバタバタとしている間にカウンター一発で相手FWに振り切られGOALを許すことに。しかし、試合自体はこちらが支配しながら何度も相手GOOLに襲い掛かります。前半だけでも10本はシュートしたでしょうか、30分のHTはすぐにきました。監督はみんなを勇気付けます。間違っていない、自分たちのサッカーができている・・・このままあせらず頑張ろう!
    そして、後半さらに攻撃を分厚くし波状攻撃も・・・そしてようやく同点に追いつきます。
    しかし、今日はいい攻撃なのに得点がなかなか入らない。オレンジ軍団は実際に戦ってみて長身の選手も多いので身長差などで不利と思ってても、みんなスピードで上回っているように思えたんです。決勝点はすぐそこ状態の乗りのりの応援!(茶色い声援!?)しかし、今日はホントにGOALが遠い!やがて後半30分がすぎ笛。
    まさかのPK戦に突入です。
    015_20101104003220.jpg
    後攻、両チーム4人までが成功!しかし、5人目に相手選手のPKをGKが阻止。そしてGKそのまま5人目のキッカーとなって、見事右隅に決めて歓喜の勝利です。
    017_20101104003220.jpg
    PK戦はあまりいいイメージがなく、うちのisshy Jr.No2 も小学校時代に大きな大会ではずしたりしてました。
    親としてはなんともいえねい状況ですがあいつ蹴らなくてよかったって感じかな・・・笑。でもボランチのポジションでチームで一番の運動量だったと評価できると思います。よく頑張ったなって感じです。
    018_20101104003219.jpg
    これで、来週末も紫軍団と試合できる幸せ。おかあちゃん応援団たちはノリノリで関係ないのに年末の忘年会をしようって盛り上がっていました。
    できるだけ私も仕事調整して次の試合に駆けつけたいと思います。 1-1 PK5-4 で勝利!
    強敵に勝った仕合だったけどisshy Jr.No2は自分の出来には不満だったようで、晩飯:さとしゃぶ 食べに行ったのですが、次はもっと暴れたる!ってほざいていました。そのぐらいでいいか!まあ楽しみです。

    ちなみに11月3日は我々の結婚記念日。この11月3日っていつも好天に恵まれているような気がします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    記録以上に残る記憶

    2009年09月02日 23:49

    いつも、ここではめったにしないJリーグの話です。
    いつかは訪れるだろうとは思っていましたが、今夜はここ数年で最も悲しい現実を受け入れなければならない夜となりました。そう、特別な夜です。
    京都サンガFC。かつて2度もJ2に降格したクラブです。決して優勝争いができるような強いクラブではありません。
    日本代表も今はいません。(韓国代表はいますが・・・)
    でも、保守的とも思われる歴史の町京都をホームタウンに持ち、決して熱狂的ではないけれど暖かく応援を続ける素晴らしいサポーターに見守られ今シーズンもなんとか10位あたりにつけています。
    今日はそんなクラブで最も慕われ愛された助っ人ブラジル人が、よくある移籍で帰国したという話です。
    プロサッカー選手である以上、付きまとう話です。当たり前の話なのです。
    5年間滞在したその選手は通算68ゴールという実績を残しました。2度のJ2降格時にも他クラブからのオファー(アントラーズやガンバetc.)も断って、サンガを愛してると、語った男でした。
    彼はこの5年間、ただ京都サンガFCに在籍していただけじゃなかったように思えます。
    素晴らしい実績と、たくさんの劇的な勝利を京都に与えてくれました。
    そして、クラブ最強のブラジル人選手だったというだけじゃなく、その実績が霞んでしまうほどの持ち前の明るさと優しさが溢れた人懐っこい笑顔でいつもファンに対応してくれました。
    西京極で試合の後、サンガの選手がバスで帰るのですが、息子が大好きで選手が出てくるゲートで待っていたことが思い出されます。
    すべての選手がサインや握手攻めに会った後、バスに乗り込むのですが、いつも最後まで選手の要望に応えていたその彼。
    全選手がバスに乗って待っている間も、彼は最後のファンにも笑顔と丁寧な謙虚な対応で応えていたのを見て、子供たちだけじゃなく、私自身も感動を憶えました。
    そういった態度や言動ひとつひとつを、今の京都サンガFCのサポーターはきっと思い出しているはずです。
    何より、サンガというクラブと京都という土地を誰より愛してくれていると感じられた彼は今夜関西空港から母国へと旅立ちました。


    今シーズンのパウリーニョ選手のゴールシーンはこちら

    9月2日 パウリーニョ選手の移籍を告げる京都サンガFCの公式ホームページ

    松井大輔が情熱大陸に登場!!

    2009年02月05日 03:19

    サッカーファンならずともご存知の日本代表:松井大輔選手 (A.S. Saint-Etienne)が2月8日(日)夜11時からの情熱大陸にオンエアされます。
    松井大輔
    この写真は、当時の京都パープルサンガ(現:京都サンガFC)からフランスリーグアンのル・マンへ移籍する最後の試合後の貴重な写真で後援会の方から頂いたものです。
    どうも、魅力に欠ける今の日本代表。この松井選手に大暴れしてもらうことを期待している人はそれはそれは計り知れないほどでしょう。私も松井選手の絡む日本代表以外は、興味がないほどです。
    W中村やツーリオ?に今は隠れていますが、ちゃんと切り札、ファンタジスタ、ベストエレガントプレーヤーは忘れてはいませんよ。頑張って欲しいものです。ラララーラララ松井♪

    JFAプレミアカップU13 ~冷たい冬の雨の中~

    2009年01月18日 23:59

    JFAプレミアカップU13。次男のクラブは1次リーグは何とか1勝1敗で通過しましたが、今夜行われた人工芝のナイターで2-1と惜しくも敗退しました。雨の中応援にいきましたが、残念です。
    JFAプレミアカップ
    今日は2ndユニで青いユニフォームでしたが、どうも赤いほうが縁起がいいのかな。そんなことないか、でもいつも練習でやってる特徴を生かした細かいパスを繋いで攻略していくスタンスはそのままに、少し当りも強くなって成長したなあと思ってみていました。中1になって始めての公式戦でした。
    まだまだ始まったばかり。彼らの今後に期待できそうです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    絶対に負けられない戦いが始まる・・・U13JFAプレミアカップ

    2009年01月12日 00:42

    日本代表じゃあるまいし、負けたってしかたないんだけど、公式戦がはじまります。
    中学1年生の次男が明日、J1クラブのジュニアユースと対戦します。
    上級生の助けを借りず、あいつらの年代での初の公式戦。リーグ戦を戦う初戦は最強クラブとなりましたが、なんとか2位以内で通過して欲しいものです。そうすると次のステージもあるそうですが。
    明日はこの冬一番の寒波のようですが、久しぶりの公式戦なので、夫婦二人で応援に行きます。
    20090112003417.jpg
    新しい試合用ユニフォームを今日の練習後にもらってきました。
    小学校時代から一桁ばかりでしたが初めてつける11番をもらって少し興奮気味でした。
    私もどれだけ成長してるか少し楽しみです。

    突然襲い掛かる敗北と引退・・・高校サッカー府予選

    2008年10月19日 18:25

    こんな日がいつか来るとは思っていましたが、それは突然やってきました。
    R高校に2-0で敗れて、長男の高校サッカー部の最終試合は終わってしまいました。
    結果は、この秋の高校サッカー選手大会府予選で、ベスト16でした。
    特筆すべき選手もいないのに、本当によく雑草根性で頑張ってくれました。小学校2年から好きで好きでたまらなかったサッカーを当然のように続けてきて、ずっと足が痛い中頑張っていました。高校2年の夏に右膝の軟骨(ねずみ)除去手術を受け、それが結果的にはまたひとまわり成長できることになりました。春のインターハイではベストメンバーで府大会ベスト8まで勝ち進みましたが、この秋の高校選手権は2類の大学受験組数名が引退した後の大会なので、少し厳しかったかと思います。でも、本当にサッカーも勉強もみんなでよく頑張った仲間たちでした。
    先ほど、電話があり、今夜は学校近くの焼肉店で引退パーティーするそうです。
    大学行っても息子は多分サッカー続けるでしょう。また、別の仲間たちとサッカーできるから、さわやかにお疲れさん会やって、みんなで、楽しんでくればいいよ。高校生らしくあんまりハメはずさずに・・・
    CA3B0034.jpg
    CA3B0038.jpg
    この背中で泣くあいつらの姿を小学生や中学生もしっかり見届けていたようです。
    やっぱりこの大会は独特の雰囲気があるように思えました。だれも声かけられない瞬間でした。

    親バカの私の拙いBLOGを最後までありがとうございました。

    まずは1勝 ひとまず一安心 ~高校サッカー選手権府予選3回戦~

    2008年10月12日 21:27

    朝晩かなり涼しくなりました。Jリーグでも優勝争い、残留争い、そして、天皇杯も次回からJ1クラブが登場、Jリーグナビスコカップも決勝を控えてるし、日本代表ではW杯アジア予選がますます大詰めになってきています。
    そんな中、我が家の選手たちも気を抜けない踏ん張りどころです。次男は来年ジュニアユースのクラブチームのリーグ戦に参加すべく、ただいまチャレジリーグを毎週戦っています。まあ勿論上級生が中心のクラブですが、その中に混じって後半戦の途中からとかで、出場機会を増やそうとがんばってるところでしょうか。チビが目立ちますのでもう少し身長が欲しいところです。でも良くやっていると思います。長男は進路も決まり、3年最後の一番大切な公式戦『高校選手権』です。このチームは春のインターハイ府予選で、まぐれのベスト8という結果を残したものだから、今大会はシード校となり3回戦が初戦で、本日初登場でした。相手は府の北部からやってきた1・2回戦快勝で勝ち上がってきた強豪です。始めは試合の入り方が少し硬いように思えましたが、途中から本来のパスサッカーが随所に出始め、結局3-1で勝利しました。我が息子も3点目をヘディングで入れたのは解りましたが、後で妻の撮ったビデオをみていると2点目も得点したとわかり、2得点の活躍でした。
    次は私立校の強豪ですが、物怖じせず自分たちのスタイルのサッカーを展開できれば結果は見えてくると思います。幼馴染で家族ぐるみのご夫婦や後輩たちに見守られ、4回戦もまた応援しないとね。この大会は負け=引退。残酷な大会です。最後いつまでこのチームでサッカーできるか、精一杯楽しんで欲しいです。

    CA3B0027_convert_20081013001615.jpg


    ブログランキング・にほんブログ村へ




    明日へのストレッチ

    2008年05月24日 23:39

    土曜日の今日、ベスト8に残った、息子たちイレブンは、第一試合で優勝候補筆頭の全国常連校と対戦しました。
    CA3A0003_convert_20080524230132.jpg

    危ないシーンは星の数ほど、チャンスは数えるほどの前半、開始当初はなんとか凌いでいましたが、徐々に自陣でのサッカーとなってしまい、緊張の糸が切れたように4点を奪われてしまいました。
    小学校のクラブチーム時代の恩師や同じサッカー経験者の保護者仲間、中学のジュニアユース時代のコーチも見つめる中、いったい何点差で負けてしまうのか、ハーフタイムに恐ろしい気持ちになっていた保護者たちでした。容赦ない相手校の攻撃に完全に格の違いを見せ付けられたかのようでした。
    しかし、そんな保護者やスタンドのサポーターの心配をよそに、後半開始前、いつにもまして、バックスタンドの応援が心強く、メンバーチェンジなしに始まった後半の彼らの動きは何か吹っ切れたのか挑戦者そのもの。もう必死で食らいついていました。少し時間がたち頑張ってたら徐々に彼らのチームのサッカーができるようになってきて、相手のお株を奪うダイレクトパスやワンツーでのすばやい崩しに、我々保護者も、もうそのプレイ見るだけで大興奮でした。
    大差で負けていても、勇気をもってピッチの中を一生懸命になってチャレンジしている彼らは、頼もしく思えました。
    冷静になって考えても、後半は彼らの時間帯がしばらくありました。でも、結果は無残、結局1-5で、完敗でした。
    接戦でもなく、胸を借りるほどの気持ちだった彼らですが、やはり悔し涙はあふれてきます。
    こらえて明るく振舞って、試合後のクールダウン・ストレッチを輪になってやってる途中にも、急に泣き崩れそうになる選手もいました。それでも彼らは堂々とストレッチにゆっくり時間をとり、その後更衣室でも比較的長い反省ミーティングをやったようです。
    CA3A0007_convert_20080524230213.jpg

    ストレッチ中、スタンド、ベンチから彼らを見つめてるたくさんの人たちがいました。声さえかけれないこの長い尊い時間。次の試合にでる選手たちも、どこか心で検討をたたえてくれているはずです。
    息子ながらよくやったと思います。小学校のころから息子を見てくれてたコーチは、『昔のまんまの風貌で走り方やけり方までやっぱり本人ですね。。。ポジショニングやパスセンスなどいいところが伸ばせたから、今ここにたっていると思いますよ。』と話してくれました。本当に感謝しています。
    サッカーを始めた小学校2年生以来ずっと、いい仲間たちに恵まれて、今大会でも一試合毎にチームとして成長していったように見えます。
    進学もあるので、今大会で引退する仲間もいますが、残るメンバーと2年生が中心となって、次の大会や全国高校選手権に向けて、また頑張ってほしいです。

    月曜から学校では試験が始まります。夕方帰ってきた息子は、ビデオも見ず、いきなり、世界史覚えてました。息子ながらすごいなあと、ちょっと思いました。私なら、そうはできなかったかも・・・
    私も明日は仕事です。息子に負けてられないですよね。
    親バカにお付き合いいただいて、皆さんありがとうございました。 OBRIGADO!!

    テクノラティプロフィール

    また勝っちゃった! インターハイ高校サッカーベスト8に。

    2008年05月11日 23:59

    今日、日曜日は、時折冷たい北風の吹く肌寒い日でした。それでも日差しは強く、紫外線はかなりだったようです。
    そんな中、最近長男のサッカーの試合に凝ってまして、ついつい見に行ってしまうんです。仕事はその日には入れずに、DVもって・・・
    今まで順調に勝ち進んできたこのイレブンです。あれよあれよという間に、1回戦から3連勝したのですが、今回は私学の強豪。息子の高校サッカー部の実績では、OBの人たちの話によるとベスト16が最高位だったそうです。ということは、今日勝てばベスト8決定。同時に次の公式戦にはシード権が与えられる(但し、個人的に思うのですが、彼らの高校にはシード権かえって迷惑なのですが・・・なぜって、負けたら一発で終わってしまうから・・・笑)という試合です。彼らは気合入っていました。
    風上の前半は風向きのまま、攻めまくって先制点をゲット。でも残り1分のところで自陣ゴール前のピンチにGKのスパイクがサイドネットに絡まっている間に、ゴールされ不運な失点で結局同点で、ハーフタイムに。でも彼らはまたまた気合入れ直して、後半も連携よく、開始まもなくループシュートが決まって2-1.
    後半風も強くなり自力で勝る相手はFW中心とした高さ攻撃で、攻め立てます。時間が刻一刻と迫る中、息子たちは必死に声で励ましあって、ついに長い笛が吹かれたのでした。
    2-1.金星とまでは言い過ぎかもしれないけど、大半のサッカー関係者の予想を覆す貴重な勝利。そして同時に学校初の府大会ベスト8、シード権獲得です。みんな(出場選手も控え選手も先生もコーチも保護者もOBも、その彼女たちもマネージャーも弟妹も)みんな大喜びの握手の嵐でした。
    インターハイ4回戦勝利

    こうなったら、次は準々決勝。昨年の高校選手権代表校に胸を借りて闘うのですが、思い切って思う存分楽しんでサッカーやって欲しいです。彼らなら勝っても負けても楽しいサッカーできそうな今のムードでした。

    強いチームが勝つのではなく、勝ったチームが強いのだ! ・・・・氏はそういいました。笑

    インターハイ(高校総体)サッカー3回戦も突破・・・

    2008年05月07日 00:16

    GWの最終日。特別な予定の無かったこの日私は昨夜の二日酔いの少し鈍い頭で、息子のサッカーをまたもや観戦にいきました。
    自宅から1時間以上かかる場所でしたが、今日も4日と同じようにいいサッカーやってくれるものと信じていましたが、内容はいまひとつ。しかし、なんとか2-1で勝利しました。
    うちの息子は前半に相手ファウルによる腰の打撲で動きが悪く、後半20分ほどで交代させられましたが、大事には至らずでした。辛勝とまではいかないけど、今日は前半のチグハグさがなかったらもっと大量点が期待できる試合でした。次回は10日私学の有力校と対戦します。精一杯頑張って欲しいものです。
    080506_1643~0001

    勝利のあと、ベンチ入りできなかったけど、メガホンもって応援してくれたチームメイトたちとサポーターに挨拶するベンチ入りメンバー。この瞬間はやはりいいものですね。

    インターハイ(高校総体)サッカー2回戦突破・・・

    2008年05月05日 00:35

    12年間のサッカー人生、今年の息子(長男)は一番楽しんでサッカーやってる感じです。
    高校入ってから1年生で高校選手権予選に先発させてもらったり、2年生のときは膝の故障もあり、思うように楽しめなかったりしたこともありましたが、昨年夏の軟骨除去手術のあと、膝の痛みが完全になくなって本当に楽しんでサッカーやってる感じがします。
    今日は2回戦、めったに観に来ない両親の前で、全得点にからむハットトリックの活躍で4-0で完勝し、6日の3回戦に進むことができました。高校3年生だけど残りの大好きなチームメイトと大好きなサッカーを楽しんで欲しいと思います。本当にサッカーやってきてよかったなあって思うのです。
    080504_1437~0001

    また6日観にいこうかな。

    遂に負けました。サッカー日本代表

    2008年03月29日 02:18

    オシム氏が病気で監督が交代になった後、私の関心度は歴代の日本代表でも最低ラインまで、落ち込んでいました。この状態なら、いいサッカーできてないし、一度大切な試合に大敗でもしないと、目が覚めないんじゃないかと、思っていましたが、遂に一番大切なW杯予選で負けてしまいました。
    先日の一戦だけじゃなく、引き分けても勝っても内容に乏しい試合を続けていた日本代表だったと思います。
    ただの負けじゃなく、明日の見えない完敗。それもかなりの重症です。オシム氏の無念さが痛いほど感じられれます。
    取り返しのつかない事態にならないうちに、日本のサッカーを正常な進化の軌道に乗せてくれる指揮官が必要な気がします。世界には偉大な指導者が星の数ほどいます。
    FWと監督はまだまだ世界の強豪レベルじゃないですね。
    松井大輔選手に代表されるように欧州で活躍中の経験豊かなチャレンジャーたちの力を借りて、ペルーで活躍中の最終兵器FW沢選手やスペイン2部で奮闘中のFW福田選手も招集して、がんばって欲しいです。
    現監督は今の日本人監督では最高のレベルだとは思っていますが…
    日本サッカー協会は、監督人選は早めに手を打ってください。そう強く思います。
    国民の期待を、少年たちの夢を失って欲しくないのです。W杯で好成績を残すことが必要だから…

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    オシム監督おめでとう

    2008年03月25日 23:21

    日本サッカー協会は3月25日、昨年11月に急性脳梗塞で倒れ、入院・リハビリを続けていたイビチャ・オシム前日本代表監督が、都内の病院を退院した事を発表しました。
    「退院にあたって」と題されたオシム前監督のメッセージです。

    「この程、入院治療から“解放”されるにあたり、これまでご支援、激励を寄せて下さった日本全国および世界各地のサポーター、日本サッカー協会を始めとする全ての皆様に改めてお礼申し上げます。とりわけ私の生命を救って下さった順天堂浦安病院、帰宅できるまでに回復を助けて下さった初台リハビリテーション病院の医師・看護士・スタッフの方々には、私個人と家族一同より心から感謝致します。プロとして適切な処置・治療をして下さり、私のような重症の場合でも、助言に耳を傾け、規則正しく規律ある努力を続ければ社会復帰できるという事を身をもって証明しました(と言っても、集中治療やリハビリを受けるような病気になるようにお勧めする訳ではありません)。私個人はこれからもリハビリトレーニングを続けて参りますので、今後ともご支援をお願いします。FIFAワールドカップ2010年大会の予選、北京オリンピックでの健闘と幸運を祈ります。日本サッカーの進歩は常に私の関心事ですから。応援しています。また、皆様には次のようにお願いします。スタジアムに足を運び、選手達に大いにプレッシャーを掛けて下さい。もっと走れ、もっとプレースピードを速くしろと。そして選手達が良いプレーをした時には大きな拍手を与えて下さるように。」

    オシムサッカーのひとりのファンとして、こんなに嬉しいメッセージは無いです。
    どうかMr.オシム。もう一度サッカー日本代表を正しい道に導いてください。その日を待っています。

    次男も中学校に進学します。迷いに迷った挙句、かなり遠く厳しい練習と聞くジュニアユースでお世話になると本人が決めたようです。中学生だから小学生のように楽しいばっかりのサッカじゃなく規律も練習も厳しい中に楽しさを感じてサッカーを楽しんでいって欲しいと思っています。
    まずは、変速付き自転車を買いに行かないと… 

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    高校選手権惜しくも4回戦で散る!!

    2007年10月15日 00:58

    20071015004856
    日曜日だったけど仕事があって見に行けなかったのが残念です。
    第86回を数える全国高校サッカー選手権大会の府予選。長男は7月初めに右膝の半月板の軟骨除去手術をし、8月中旬から練習に復帰し徐々にペースを上げ、9月からは毎朝早朝練習をこなしてきました。しかし今日4回戦で惜しくも2-1で敗退してしまいました。でも1点は私の息子が蹴り込んだ得点でした。お世話になった先輩3年生はみんな泪していたそうです。3年生は受験もあるので引退ですが後は彼らが頑張っていけばいいんですが、今夜は感傷に浸る間もなく明日からのテストのため、遅くまで起きて勉強らしきことをやっている息子に対して、頑張れよって心から言いたい気持ちな夜でした。

    人工芝での真夏のカップ戦

    2007年08月05日 00:43

    070804_0902~0001.jpg

    次男6年生は今ジュニア世代の真っ只中。今までの公式戦では府ベスト8が最高だったのですが、お盆から始まる公式戦でどこまで、いけるか、モチベーションもアップしてきました。
    今日は初めて人工芝の競技場で友好クラブからの招待で8人制のサッカー大会に参加。気持ちいいはずですが、実は人工芝は蒸れて暑いのです。ガンバレ!!

    浦和サポーターに読んで欲しい! 

    2006年09月30日 22:10

    J1も残すところ9節。優勝争いも盛り上がる中、我々の京都は降格争い、がけっぷちランキング3位につけています。幾度と無く繰り返されてきた、不振そして監督解任が今年も現実となり、残りをどう戦うか、美濃部新監督に少し期待がかかってしまいます。(気の毒なんだけどね)契約のことだから、仕方ないけどこの時期に自分のサッカー人生で初のJ1トップチームの監督を引き受けることになったのは、気の毒です。シーズンの最初からちゃんんと監督デビューさせてあげたい逸材なんですが、仕方ないでしょうね。先日の浦和レッズ戦がやはりホームであまりにも惨めな負け方だったのが引き金になったんでしょう。確かにレッズは強いし、いいサッカーとはいえないまでも、見せ場を持った試合運びをしていました。フィジカルもマインドも1枚も2枚もレッズ選手のほうが上でした。でも、サポーターはどうかな?大挙して京都西京極にトラピーバスツアーなんかで押しかけてきたのはいいけど、クリアーなフェアーな力強い応援を期待してたんだけど、地響きのような大声はいいけど、相手選手を全員で「くそったれ!」だと!!??それはなんなの?一個人のサポーターが罵声を浴びせるならわかるけど、声合わせて相手選手の目の前でいうことじゃないよなあ。失望したし、日本代表選手を応援していた京都の少年たちも、関西のレッズサポーターも、きっとびっくりしたんじゃないかなあ。Jリーグ屈指のサポーター集団であるレッズサポーターは、その辺のとこ、良く考えて欲しいと強く思ったのでした。京都のサポーターとは、いえない私だけど、そう思いました。元所属選手が相手クラブにいたら、試合前に応援のエールを送る京都サポーター。そういう暖かい場所もある応援合戦は必要ですよね。見ていても気持ちいいでしょ。うちの息子は浦和のサポーターのその罵倒する声に失望していましたよ。浦和は嫌いになったそうです。それではよくないよね。Jトップの応援っていえないでしょ。絶対に・・・

    20061004221028.jpg

    西京極を埋める浦和レッズサポーター

    ブログパーツ

    高校サッカーデビュー!!

    2006年09月15日 22:03

    久しぶりにサッカーねたです。
    今年も全国各地で高校生の最高峰を決める、第85回全国高校サッカー選手権大会の都道府県別予選が始まります。
    今年は他人事じゃなく、ナントうちの長男が1年生ながら出場できそうということで、本人も本当に嬉しそうです。1年生でひとりだけで、しかももしかしたらスタメンかもしれないとのこと。耳を疑った私ですがよく聞いてみると、息子の高校は3年生の引退が早く、受験のためでしょうが、2年生で出場するそうです。なーんだ、そういうことか。じゃ、初戦敗退かなあ!?
    でも、ボランチっていうポジション、誰にもやらせたくないそうです。
    3年生のスピード、フィジカルについて行けるかどうか。
    期待したいです。

    20060915220441



    ブログパーツ

    オヤコサッカー

    2006年07月17日 01:36

    3連休海の日。初めてこの海の日ができた時は、なるほど、いい休日だなあって思ったものでした。7月も下旬。子供たちは夏休みに入って間もない頃。そして、梅雨明け10日といって、一番夏らしい天気が続き安定して、海も波が穏やかな日が続く頃です。それがどうですか?このごろの海の日。夏休み前、梅雨の最中、おまけに、今年なんか祇園祭の山鉾巡行の日。これでは、海の日も泣きます。もっと、海の日は国民に海に出かけてもらって、海で遊んでほしいって思ってるはずです。
    ってまあ、いつものように、文句言ってます私でした。
    060716_1845~0001.jpg

    昨日は日帰りで次男のサッカーチームの合宿に参加しました。
    BBQやら、オヤコサッカー(サッカーとはまた違うルールのスポーツ)で楽しんだ後、天候も悪く、大雨の中、体育館で休んだりしてましたが、夕方になって虹もかかって、雨がやみました。
    060716_1856~0001.jpg
    ややゆるい芝生のグランドですが、夕食後ナイターでまたオヤコサッカーやって、ビッショビショ、ゼイゼイ、フーラフラ状態で、運転して帰ってきました。
    060716_1920~0001.jpg

    クッタクタの一日でしたが、久しぶりに軟いトレーニングやジムじゃなく、自分を追い込んだ体の使い方ができて、ある意味すごい満足してます。妻は今夜現地で一泊お付き合いです。私もそのつもりだったのですが急に仕事が入ってしまって。でもしかたないこと。
    お父さんお母さんとコーチたちで宴会してるんだろうなあ。
    私はたくさんの子供の洗濯物をゴミ袋に放り込んでもって帰ってきて、洗濯機を回します。
    このドロドロはかなり手ごわいので、洗濯板は必需品です。
    疲れてますが、サッカーは楽しい。ちなみに2試合で親父チーム2勝。
    まだまだ、今年は負けてられません。私も1試合づつ2得点1アシスト。楽しかったです。特に2点目は直接FKでしたから・・・イヒヒ



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。