--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大晦日はのんびりと・・・

    2011年12月31日 16:52


    皆さん、いかがお過ごしですか?
    私は30日に全ての仕事を終え、自宅で普通の大晦日を迎えています。
    しかし、今年福島浪江町で被災した友人はたまらず今は実家に戻っていますが、職も失い短期の仕事でなんとか生活しているそうです。
    ひとことで言えない募る話もあるだろうから、よかったら、正月はうちへ来ないか?って誘ってみたのですが、断られました。
    独身者だからとはいえ、なかなかそうは行かないよ!って言い訳していましたが…
    なんか、今年の私を象徴しているような、そんな気がしました。何かしたいんだけど、できなかった1年でした。



    話は変わりますが、酒屋にはこんな限定ビールがありました。
    大晦日はこれでもやりながら、また新しい年を迎えたいとおもいます。

    こちらのブログにも来ていただいてありがとうございました。皆さん、どうぞよいお年をお迎えください。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
    スポンサーサイト

    ゴーヤすだれ初公開!

    2011年07月28日 22:03

    ゴーヤー皆さん好きですか?
    私はあの苦味がもうやみつきです。大好きです。
    最近はサット湯煎して薄くスライスして鰹節をかけてポン酢などで食べます。もちろんチャンプルーや天麩羅もおいしいけど、一番うまい食べ方は私的にはスライスですねー。
    さて、昨年ごろから見かけるゴーヤーのすだれ。
    今年は我が家にも登場です。小さいけど、部屋の中は快適です。緑の茂みや僅かに入る光は高原の木漏れ日のよう・・・そんなえーもんか!って?まあ、そうですが・・・。もちろんゴーヤーだから実もなります。
    少し遅い目の定植にもかかわらず既に3つ目。昨夜いただきました!
    さらに嫌な虫が減ります。全くいないって言うことはないけど、虫たちはゴーヤーをあまり好きじゃないようです。
    そういうことでこのゴーヤーすだれは大成功なんじゃいでしょうか。
    moblog_9a94d868s_20110728171317.jpg

    moblog_684ad550_20110728171317.jpg

    moblog_d5bfda04_20110728171317.jpg

    狭い我が家もそれなりに工夫が大切です。これは妻に感謝ですね。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    meeting for reviewing

    2011年05月23日 17:06

    久しぶりに遅くまで飲んでしまいました。
    この店で終電がなくなった後、大好きなスコッチ『BOWMORE』のグラスを傾けました。




    『今日の社長さん(お客様)は性格的にAタイプ・・・isshyはどうみてもPタイプだけど、なかなか上手に接してたんちゃう?』
    『そうかなあ・・・あれぐらいの時間が俺には精一杯だったよね。笑』
    ってこれ、どういう会話なんでしょうかね。その答えはソーシャルスタイルにあります。
    『ソーシャルスタイル』・・・ネットでもいろいろ掲載されていますね。
    要はビジネスに有効な性格分析とその対応方の訓練のようなものかな?
    私はPタイプなんです。自他共に認めるところの・・・笑


    あと、子供の話や原発の話・・・そんな話しながらドライフルーツなんかつまみながら、夜は更けていくのでした。またあしたさ!

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    心のテンション

    2011年04月26日 01:23

    「頑張れ」という言葉で、相手が励まされることもあれば、逆に反感を買って しまうこともあるとおもいます。ねぎらって欲しくて話したのに「こうすればもっと よかった」と助言され、割り切れない気持ちになったという話を耳にすることもあります。このようにコミュニケーションの成否は、話し手の意図とは 別に、聞き手の受け取り方に大きく左右されてしまいます。聞き手が「では どうしたらいいだろう」と考えるか、「何だと!」と怒ってしまうかで、その 意見は建設的にも非難にもなります。そして、こうした行き違いは普段の何気ない会話の中により多く潜んでいるようにも思われます。
    110417_1233~01
    仙台に住む旧友(といっても結構頻繁に連絡を取り合っている仲間)と、東北太平洋沿岸部の被災状況の話をしているとき、その友人Kは私にこれは見ておいたほうがいい!見ないと判らないだろ?って強く言ったのです。
    勿論私にも時間があり、尚且つ効果的なその術を知っていればもっと積極的に現地へ出向きK達彼らのようにその現場に行くことができるでしょう。でも今の私にその場所へいくことは自分の中でできない何かがあるのです。
    私は阪神淡路大震災の焼け野原を知っています。友人の家屋全焼や親戚の家屋倒壊、負傷などは目の前の現実として瞼の奥に残っています。だから、今テレビや雑誌新聞の悲惨な街の写真を見ることだけで怯えています。
    Kだって、怖いのでしょうが頑張ってサークルを作って物資援助などに動いています。頑張っているのです。でも私には地理的にもやはり無理です。自分ではそれでも仕方ないと思っているところに、Kは強い口調で私を誘うものだから、本文ではないのに口げんかになってしまいました。二度とそんな場所に立ちたくないです。そのことはKにもいいましたが今はそのことを凄く恥ずかしく思って後悔しています。
    Kとはこんなことでどうかなるような付き合いじゃないので、気にはしませんが、そこまでの古い友情でも言葉はそうさせてしまうもの、被災地の避難されてる人たちや作業されてる人たちの心の疲れも、体力面同様心配です。

    相手に何かを伝えようとする時、その中心にある共感・共有して欲しい 「素晴らしさ」「面白さ」「切なさ」「希望」「愛情」「正義感」などを もう少し意識することで、より豊かな人間関係、家庭、組織、社会を 築いていくことができるんでしょうね。

    Kのいうまだそのままの津波の現場は私には無理だけど、でもいつか福島浪江町に住んでた友人や仙台の知人を訪ねようと思っています。近い将来。
    それまでは、普通の暮らしができるこの町で、小さなエールを送るだけ・・・今はそれだけです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    高取山の夜

    2010年10月25日 00:24

    久しぶりにSOTO飯で楽しみました。
    会社の支社立上げイベントで OUTDOOR KICK-OFF!
    男ばっかりで何班かに分かれて自炊で賞を狙うのです。
    私たちは、前日敦賀の海で潜ってきた、サザエさんたちと魚介類のブイヤベース。
    それにジャガイモ、たまねぎ、にんにくなど野菜いっぱいのホイル焼き。
    そして、私が担当するスタッフドチキンです。
    203.jpg
    201.jpg
    ダッチオーブンは蓋をスライパン代わりにも使えます。ここで、ブイヤベースの魚介を炒めたり、またスタッフドチキンの詰め物を作りました。今回の詰め物はゆで卵2個、干しぶどうと冷凍ピラフでした。
    卵は殻のまま、まるで、チキンが子持ちだったように・・・イメージしていましたが・・・??
    ダッチオーブン12インチの深型がちょうどのサイズでした。周りには洗っただけの人参、ジャガイモ、大蒜、シメジ、エリンギをぶちこみます。鶏には丹念にオリーブオイルを塗ってあげます。下準備は味付けなどは一切なしでこれのみ。あとは、上から下から炭火で焼き上げました。
    210.jpg

    207.jpg
    他の班の出来具合などを左手のビール片手に偵察にいきますと、タンシチュー、サバフグ鍋、きりたんぽ鍋、伊賀牛サイコロステーキ、トムヤンクン、本格派自家製ブタバラ燻製、お好み焼きなど強敵がズラリです。笑
    いつも仕事しかしてないみんなの真剣な顔がまた新鮮で、この企画の成功はいうまでもないといった感じでした。
    206.jpg
    火を見たら興奮する男たちの傍らでは、ギターでフォークソングを歌うグループもあり、夜は森々と更けていったのでした。
    209.jpg
    翌朝もコーヒーからはじまる正しいSOTO飯。isshy・・久しぶりで大満足でした。
    211.jpg
    212.jpg
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    憧れの山の露天風呂

    2009年07月15日 02:02

    私の亡き祖父は新潟県の田舎の山寺で八男坊として生まれ、昔のことだから裕福でもなかったのでしょう、早くから東京に出ていろんな仕事をしたって聞かされていました。寺の息子だったのですが、兄貴たちと違って僧侶向きじゃないという父からの判断で好きなことを探して来い!っていう感じだったようです。そんな祖父は東京で関東大震災に被災したりしながら京都で亡き祖母と所帯を持ち、母を今じゃビルの建ち並ぶ繁華街河原町三条で育てたのでした。
    いつも気になっているんですが、なかなかたずねることができない祖父が生まれたお寺に今回久しぶりに訪ねてみることができました。
    関西から転勤になって新潟県の新井に今度新居を構えることになった私のお客様であり、山菜採り仲間Mさんの住宅ローンやそのほかライフプランのご相談で1泊2日の新潟への出張となりましたが、帰りに親戚の祖父の生まれたお寺にたずねて来ました。またいとこが今も住職としてお寺を守っていて、昔は何度か一緒に飲んだこともありました。今回は昼ごはん時に伺うことになりましたが、そうめんをいただいて帰ってきました。
    募る話に花が咲き、今度近いうちに泊まりにおいでと声をかけていただきましたので、次回はまだこの場所を知らない子供たちも連れて行ってみようと思いました。やっぱり我が家のルーツがこのお寺なのだということを子供たちにも知っていて欲しいなと、思うのです。なかなかスケジュール調整は難しいでしょうが・・・

    さて、妙高市という市ができています。新井市や妙高高原村などが合併したようですが、ここまで来たらせっかくなので、憧れの燕温泉に行きたいなあってことで、お客様といってきました。

    20090715010521

    関温泉を越えてさらに登っていきます。
    20090715010518


    20090715010516

    紛れも無い天然の正しい無料の野天風呂です。登山客が下山して訪ねる野天風呂ですが、私は仕事モードでの脱衣なので、注目ものでした。まあしかたないや。。。
    20090715010514

    20090715010510

    この風呂に浸かってお客様といろんな話しました。新しく建てる家の話。お子様の最近の成長振り、
    おじいさんおばあさんのこと、会社のこと、山菜取りのこと、奥様のパートがなかなかいいのが無いことなど・・・
    新潟って遠いなあと思っていましたが、心の中でまたMさんの家族とは近くなったなあって思えてきました。そして、思い切ってたずねたお寺も、いってよかったなあと、つくづく思えてくる短い出張旅行でした。

    夏の午後

    2009年06月28日 17:12

    夏の午後・・・
    いい響きですね。好きな季節がやってきました。
    今日は完全に仕事を入れず、午後からは畳の部屋で寝そべってTVJリーグ観戦していたら、妻が豆腐買ってきて欲しいとか言い出したのです。
    試合も終わったことだし、まあいいかと、短パンTシャツサンダルはいて強い日差しの中、歩いてすぐの近所の商店へ。
    本店以外ではここでしか扱っていない旨い豆腐がここでは手に入るのです。
    090628_1642~01
    田舎にはよくあるタイプの食料品店。豆腐、野菜、魚、豚肉や牛肉、そして鶏肉につまみやおやつまで、もちろん品数は少ないけどいろんなものが所狭しと並んでいます。
    どこか懐かしい雰囲気のお店です。
    というと、うちらはやっぱり田舎なのか・・・やっぱりそうともいえるかな。笑
    でもこんなお店はあと1軒あるぐらいです。やっぱり最近では普通にショッピングセンターやスーパーで買い物するほうが多いんだけど、この豆腐を買うにはここしかないのです。
    090628_1644~01
    白一丁。400円
    暑い夏や寒い冬は夕方に買いにいったのでは売り切れてないこともあります。
    そのときはもうショック。だから頭の中に今日は豆腐食べたいってイメージした日は早めに行動して、買いに来るのです。
    あったときはうれしいし、やれやれです。
    久しぶりだからビールも買って帰ろうかな・・・

    アホ馬鹿isshyのドジで残念な一日

    2009年02月07日 01:57

    今日は大阪で仕事があって、その後楽しみにしていた、iwakiさんの写真展に行くつもりでした。
    私も何を間違えたのか、今日喜んでいってみたら、もう終わってたんです。ショック!!しばらく立ち直れませんでした。
    私のBLOGでもLINKさせていただいてますが、IWAKIさんの写真は南八甲田のブナなどの原生林と湿地帯や無数の滝をカメラに収めてらっしゃるのですが、いつもため息が出てきます。
    このPCの中の僅かなスペースじゃなく、パブリックな空間で大きな美しい写真を見られると思ったら、楽しみで楽しみでしょうがなかったのですが・・・メチャメチャ残念です。と同時に自分の馬鹿さに腹が立ちます。関西での写真展は今回は梅田だけだったようですが、他の都市ではこれから開催されるそうですので、ぜひ訪ねたほうがいいですよね。私もなんとかして名古屋はスケジュールに入れたいなあって思っています。私なんかが説明したり宣伝するのは失礼ですが、ただただ残念な気持ちで今日は時間が余ったので、西三国へいって、メガネを衝動買いしました。
    使用中の眼鏡の螺子が飛んでしまったので修理に訪ねたのですが、この店はまたまた眼鏡が欲しくなる店ですね。安いのが何よりいいです。今まで持ってない奇抜なデザインの眼鏡を選んだのも、IWAKIさんの写真展いけなかった腹いせのようですわ。うーーーやっぱり残念です。
    CA3B0167.jpg

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    不気味な掛け流し温泉・・・『山空海』

    2008年12月16日 15:37

    (霧の街)亀岡から山を越えて兵庫県の川西市へ向かうルートは、わざわざ名神高速で高い通行料金を支払うより、よっぽど、快適でしかも、信号も殆どなく勿論無料なのでよく行き来します。
    一蔵ダムまでの川沿いに、昔から気になって気になってしかたなかった、『山空海』はあります。
    lrg_10287438.jpg
    屋根の上に赤ペンキで温泉マークが書かれていますが、普通に考えると温泉のようです。でも、なにやら怪しげな名前と、とても営業しているという雰囲気のない建物、またそこまでのアプローチもますます怪しい雰囲気なので、変な新興宗教かなんかだったら嫌やしなあ・・・とか、いろんなこと考えていました。国道からの曲がり角も非常に入りづらく看板もたしかひとつあるだけで、見過ごしてしまいそうな、やる気のない看板です。
    CA3B0109.jpg
    ある日、川西市のお客様がこの山空海の話をしてくれて、きれいじゃない温泉だけどお湯の泉質が非常にいい温泉だって聞かされたので、怖いもの見たさで、一人で帰り道訪ねてみました。
    CA3B0108_convert_20081216140008.jpg
    駐車場には、まあまあの看板が備え付けてあります。
    そこから、川の沿って杉林を抜けていくと、目的地の『山空海』はあります。
    081213_1620~01_convert_20081216153524

    CA3B0110_convert_20081216140630.jpg
    入浴料は自動券売機もあったようですが、詰め所のような(っていうか中を開けると日替わり定食とかも書いてあるので食堂かもしれない)建物(っていうか、ほっ立て小屋みたいなやつ)に、女将さん(っていうか、きっと係りの人)がいらっしゃったので、お金を払いました。
    「お車ですか?どこからこられました?」「霧深い亀岡を越えて来ましたよ・・・笑」
    なんていう雑談をして得た情報は、なんでも数年前までは医学療養士が常駐していい先生だったということ。でも今はお亡くなりになられたので普通の温泉ですが、綺麗じゃないけど・・・って謙遜!?されていました。
    CA3B0111_convert_20081216141834.jpg
    まあ、確かに綺麗は求めてはいないし、期待もしていなかったけど、依然不気味さを残して、男湯の暖簾をくぐることことになります。
    081213_1507~01_convert_20081216141917
    うーん。汚い・・・あ、失礼!きれいじゃない割にはうるさそうな温泉ですね。
    CA3B0112_convert_20081216142740.jpg
    お湯は2層の湯船にわかれていて、熱い40℃以上のと、31℃~36℃のぬるいのに分かれています。そしてもうひとつは源泉のまんまの冷たい奴。でもそれはみんな硫黄の匂いがして、間違いなくいいお湯のようです。
    CA3B0117.jpg
    「当温泉はオーナーの独断と偏見で運営していますので、合わない方の入場は控えて下さい」
    「当温泉では管理人、オーナーの言うことが憲法ですので、間違っていても従える人のみ入場して下さい」なんていう『山空海憲法』なるものが、掲げてあって、汚い(あ、失礼!!綺麗じゃない)くせに
    一生懸命このお湯を守っていってるんだなあっていう気持ちが伝わってきました。
    不気味な温泉でしたが、ぬるい奴に1時間ほどゆっくりつかり、年末のいろんな思いをめぐらして、たまに響くボイラーの音と蛇口から流れ出る源泉の音だけの静かな午後を過ごすことが出来ました。
    ぬるくても長く浸かっていると身体は芯から温まってきました。
    不気味な『山空海』は、秘湯として、あまり有名にならず、その姿を留めて愛されている温泉なのでしょう。
    私も正直に、また行きたくなる泉質でしたよ。◎かな。

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    刹那居季節

    2008年08月22日 13:17

    200808221259492.3日前から急に涼しくなりました。
    今日は、午後から遠出をするのですが、
    午前中自宅の窓からは秋風のような涼風。
    もう蝉はツクツクボウシが時折なくだけ。
    今年はミンミンゼミの鳴く声はまだ聞いていないなあ。
    ミンミンゼミが一番最後まで鳴いているのに・・・

    週末は、久しぶりに畑に行こう。

    川の水はまだしばらく変わらないから、
    できればもう一度夏の清流で遊びたいなあ・・・





    薄暮

    2008年07月27日 00:06

    日中は最高級の暑い夏。
    でも、日暮れに丹波篠山の田園地帯を走ると、心地よい風。
    暑かった一日も今日はここまで。明日もまた、飛び切りの夏が待っています。
    080726_1936~01
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    小さな緑の世界

    2008年07月12日 01:13

    東京や首都圏ではもう上映してる『おいしいコーヒーの真実』は、関西ではまだ上映スケジュールが決まっていないようです。きっと京都では『みなみ会館』をおいてほかはないでしょうけど・・・
    ところで、その映画でも話題になっている最中、先日オフィスに大量のアフリカはエチオピアの新作コーヒーが持ち込まれました。聞くところによるとフェアトレードによる流通を可能にしたようです。貧困に喘ぐ産地農家を救えるなら、同じコーヒーでもそういう意思が入ったコーヒー飲むのもいいんじゃないか。そう思って、我々は大量に購入しました。
    結構おいしいんですよ。わざわざ東京からお越しになった熱意にも打たれました。
    野生の密林のコーヒー アンドロメダ・エチオピア・コーヒー は、結構おいしいです。
    080710_1110~0001

    最近スタバで飲むことができるルワンダコーヒーよりもマイルドな感じがします。
    こういった、アフリカの新しいコーヒーがフェアトレードなどを経てこの日本に入荷しているなら、私は、どうせ毎日飲むならこういうコーヒーを飲んでいきたいと、小さいことだけど思うのです。
    あ、そうそうコーヒーパックとともに写っているのは、サツマイモの観葉植物です。今、けっこうこういったやすくて丈夫な観葉植物を育てるのがはやっています。狭い社内のそれも私の島でのことですが。
    080710_1107~0001

    ちなみに、私のかつてここで紹介した苔玉アスパラ君は、瀕死の重症を負い、販売店の手術を施されその後自宅療養中でようやく、それなりに写真にも耐えられそうになってきましたので、近況報告させていただきます。
    080709_2216~0001

    まあ、こんな感じです。このまま元気でいてほしいですが、オフィスの乾燥した空気や自然光のない空間はどうもだめのようです。その点サツマイモなら丈夫ですよ。
    週3回の水遣りだけでOKです。いまのところ・・・

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    観ましたか?今日の夕陽

    2008年07月07日 00:31

    CA3A0026_convert_20080707002442.jpg
    今日は日曜日だったけど午後から仕事で、大阪市此花区へ。
    もうすぐ、近鉄とドッキングする乗ったことない阪神電車西大阪線に乗りました。仕事の帰り道、とても素晴らしいトワイライトタイム。思わず、千鳥橋駅のホームからパチリ。微妙な色合い、30秒でまた色合いが変わっていく夕暮れのショータイムでした。それにしても、ここの阪神電車なかなかこないなあ。笑

    ブログランキング・にほんブログ村へ




    ルワンダのコーヒー

    2008年06月26日 22:49

    20080626110629午後、小腹がすいたので、スパイシーなサンドイッチとコーヒーを。
    初めてだったけど『ルワンダ』っていう品種の豆だったので、それを。
    豆も少しスパイシーな感じがしましたが、いつのまにかアフリカの話に・・・
    憲法9条が、アフリカの民族紛争や戦争に歯止めをかけるのに役立っているという話題で盛り上がりました。
    ようやく武器のない社会の大切さに気づいたアフリカでは、異なる部族の子供達が同じ学校に通って仲良く学んでいるということも、地球環境を考えたら戦争どころではないってことに気付いている人が多いってことも・・・
    話はコーヒーに戻りますが、スターバックスはコーヒーの生産地・生産農家に対する支援としてこの豆を発売していくようです。
    スターバックスのこういう貢献には私は非常に興味があり、尊敬に値すると思います。
    こういった行動が波紋のように広がっていけばいいのですが、でもまだまだ問題山積。
    たったひとつの地球上の人々同士。助け合って生きていきたいですね。
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    可憐なめずらしい紫陽花 大原・寂光院にて

    2008年06月19日 01:37

    柄にもないですが私は、この初夏に咲く紫陽花が好きです。季節柄、紫陽花の有名な場所として、京都は大原の三千院が有名です。先日は遠方からのお客様と、紫陽花を観に大原まで行ってきました。
    でも、17日から始まってるそうな『あじさい祭り』の影響なのか、平日にもかかわらず、まあたくさんの人また人。駐車場から参道を歩き三千院門跡までたどり着きはしたものの、やれ団体写真や集合時
    間や食事場所がどうとかでもうひっくり返りそうに添乗員さんが走り転げています。きっと、たのしみにされてるんでしょう、たくさんの元お嬢様たちがかなりのハイテンションで、景色などもろともせず、かぶせ合うように話すその団体様の後ろよりの中に巻き込まれた、この上ない最高のコンディションのなか、私自身もう疲れてしまって、目の前まできた三千院をあきらめることにしました。
    静かなんてものじゃなく、まるで、初詣の混雑のようでした。
    三千院・・・あまりにも有名なこの観光名所は、お客様たちも私も何度か訪ねていて、今回のこの混雑なら、やめておこうということになったのです。
    でも、せっかくきた大原。せめてどこか見所にお連れしたいので、平清盛の娘・建礼門院が、平家滅亡後隠棲した所で『平家物語』ゆかりの寺として伝えられてる 『寂光院』をはじめて訪ねてみました。

    沙羅双樹赤紫蘇畑


    記憶に新しい、残念な不審火による火事のあと、3年前に本堂も再建されたのはうわさには聞いていましたが、本当に新しい立派な木の香残る建築でした。
    静かな参道と、時折見せる里の風景。本当のウイークデーの大原を堪能することができました。
    080617_1130~0001大原川

    大原川のそばにある京都市立大原小学校も再来年から小中一環校になるようです。
    寂光院は静かでした。珍しい和紫陽花の品種がたくさん咲き誇っています。

    080617_1137~0001紅
    毛毬黒姫星アジサイ080617_1201~0001藍姫


    カシワバアジサイ富士の白雪


    アジサイとは思えない姿形と色合いなんですが、いろんな紫陽花が楽しませてくれました。

    080617_1204~0001
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    初夏のカフェ

    2008年06月07日 01:50

    今日は比較的涼しく思えるほどの気候でした。
    午前中に小浜でアポイントがあり、午後からは敦賀へ向かいました。
    ○ストなどのファミリーレストランやXXXナルドナドノファーストフードのお店は便利なときもあるけど、商談や大切な話をする場としては、やっぱり不向きですよね。そんなときに最適なお店にお客様がつれていってくれました。

    築80年の家屋を平成15年に改築され、茶店舗だったお店に併設してカフェをオープンされた、素敵なお店でした。
    古民家と冷たいお茶

    庭を眺めながら、初夏の風を感じる瞬間。びくともしないだろう重厚な木の建築は、そのなかにいるだけでも、安らぎます。目に入ってくる先人が使っていた道具や調度品も、素晴らしいです。
    自家製プリンと自家焙煎珈琲

    おいしそうだったので、私は食後のデザートにプリンを。
    お客様はコーヒーセット??とかなんとかいう3点セット。ゼリーがおいしそうでした。
    080603_1312~0001

    近況をお話したり、お子様の成長や独立のお話をお聞きしたり、将来の夢や願望、少しの小さな悩みを聞かせていただきました。
    改めて思うのですが、主に京阪神で活動する私は、つい便利などこにでもある前出のようなファミリーレストランなどの店を使うことも多いです。それはそれでいいのですが、将来の話や大切なお話をするときは、やはり、空間を大切にしないといけないなあって思うのです。ガチャガチャしていたら、話したかったことも忘れてしまうかもしれないし、気が散ってだめな話もありますよね。だから、少しぐらい敷居が高くても、遠くても、今日のような空気が流れるお店が必要だなあって思いました。

    海に降る陽射し

    店を出て帰り道、海のほうへ車を走らせました。この日は薄曇でしたが、雲の切れ間から、待ち遠しいのか夏の強い陽射しが海に突き刺さっていました。
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    一日の句読点

    2008年05月24日 00:40

    今日は朝からかなり気温が上がった一日でした。昼過ぎに会社へ戻り、デスクワークしていたけど、夕方近くにちょっと事務用品を買いにい外に出たのですが、もう真夏のよう。。。
    修学旅行生も大変な暑さにお気の毒でした。
    私は、今夜も1件アポイントがあるので、今日はかなり汗をかいてしまった一日だったから、さっぱりしてから行きたかったので、会社の近くの『錦湯』へ。
    初めてじゃないけど、3年ぶりぐらいでしょうか。新鮮でした。
    見てください!この重厚な建物を。このあたりは、京の台所『錦市場』や包丁やナイフの専門店やら、見ていて楽しいお店も一杯あるけど、暑いからmとりあえず中へ。当たり前なんだけどカメラは無理でしたが、本当は移してここにアップしたい人物や道具や風情がいっぱい。長湯は暑くなるので、比較的早めに切り上げて、車で目的地に向かいました。
    たまにはいいものです。一日が二度あるようなそんな得した気持ちになりました。単純!!
    20080523235824

    ラーメンの勘違い 以前の記事のお詫びです。

    2008年04月09日 02:17

    去る2月21日に書きました三寒四温という記事の中で私が食べたラーメンは実は「天天有」本店さんでは無いことに後日気がつきました。
    えーっ!!どういうこと!!って感じですが、食べたラーメンは天天有本店のとなりの「ラーメン荘夢を語れ」という変な名前のお店のことでした。 信じられないトンチンカンです。
    誰に騙されたのでもなく、自分たちで勝手に行列のできる店というイメージがあって天天有だと思い込んで順番を並んでいました。誰かに聞けばわかるんですがそれをしない私たち。バカです。食券を買っても(本来、天天有には食券なんてない!!)気付かず、ましてや食べはじめても食べ終わってもまだ気付かず、本店と支店はやっぱり違うんや!とかワケわからん頷きなどしながら、感想をこのBLOGに文字にしたり、会社で広めたりしたたわけ者です。 本当にごめんなさい。
    「ラーメン荘夢を語れ」「天天有」の両方のお店関係者の方たち、 およびファンの皆様、はたまたこれからファンになろうとしている皆様、にも混乱を招いたかもしれません。
    また、このBLOGにコメントいただいたゆみるんさん、てんちゃん、中山さん、ヌマチチブさんはじめ、BLOGの読者の皆様本当に申し訳ありませんでした。
    少し調べてみますと、おいしかったこのラーメンは「ラーメン荘夢を語れ」さんで、東京から進出のようです。「天天有」本店のラーメンも支店のものよりもっと数段美味しく、甲乙つけがたいさすが京都一乗寺のラーメン激戦区生き残り組みだと思います。どうぞ両方を別の日に楽しんでみて観てください。
    また、しょうゆ味ですか?という質問に答えたのは実は天天有のスープのことを記していて、本能で私は自分の味覚がおかしいのかなあなどと、思いながらお店の紹介文を読んでいたのでした。
    えーかげんな慎重さに欠ける、よく言えばおっちょこちょいのどうしようもない私ですが、あながち嘘ばかりのBLOGでもありませんので、ここはちゃんとお詫びして訂正いたします。どうぞお許しを 汗

    あ、それから以前の記事「三寒四温」の文面は今さらながらですが、このままではいけないので訂正いたします。本当に申し訳ありませんでした。

    極寒の季節

    2008年02月06日 02:18

    寒い毎日が続きますが、冬をどう楽しめばいいんでしょう。少しの移動の間コートも着ずに歩くと芯から冷え切ってしまいます。車で仕事に行くのはいいけど、降りてから、門や玄関までも寒い毎日ですね。もう少しましな気温になって欲しいです。
    こんな季節、水は凍るような冷たさですが渓流では寒バエ釣りがいいころです。
    甘露煮や塩焼きでも冬の寒バエはおいしいはずです。
    昔は父もよく釣りに出かけていました。ときどきいっしょにいってもいつも父にはかなわなかった釣りです。目の前の川ではもう魚影も少なく、もっときれいな川じゃないと釣る気がしないといって、もう10年以上になるでしょうか。父はどんどん老け込んでいくようです。
    久しぶりに連れ出そうかなとおもってみても、この寒さだからやっぱり無理はしたくないし、もう少し水ぬるむ春になったら、山菜とりがてら、誘ってみようかなと思っています。

    たった2畳の書斎

    早く、もうそろそろ、春が来て欲しい私です。

    フロントガラスの12月の冷たい雨

    2007年12月08日 01:03

    12月の雨が降ってきました。
    私の自宅の食卓をきれいにバランスとって磨いてくれた宮大工のSさん。実は私の大切なクライアントでもあります。そのSさんのお願いである方の住宅ローンを何行もかけあってきました。最後に1年先輩の信用金庫の支店長に事情説明してお願いしました。理解は示してくれて、手ごたえはあったのですが結局審査にパスしませんでした。とても悔しいです。銀行は冷たいとこやなあ。
    メインバンクにも断られ、難しい申請だったかもしれないけど、多角的にライフプランをシュミレーションしても何も返済能力に問題ないのにね。
    071207_1850~0001.jpg

    ある意味職業差別かも。そう憤りを感じます。
    でも、救いはクライアントが前向きだったこと。
    世の中にはいい人がいっぱいいます。その人に出会うのも縁だけど、いい不動産に出会うのも縁です。Sさんがこの次いい縁にめぐり合えたとき、問題点をクリアし、銀行からぜひ当行でと頼みに来るほどの財務状況にしてみせましょう。かわいい4人のお子様のために私も応援します、ひとつづつクリアしていきましょう。… そういった内容の私の心の中から出た言葉にSさんは目を潤ませて小さくうなづいてくれました。そして感謝の言葉をいただいたのでした。
    これが余計に辛い私です。結局無力だった私でした。
    12月の雨は冷たいですね。


    ブログランキング・にほんブログ村へ



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。