--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    心のテンション

    2011年04月26日 01:23

    「頑張れ」という言葉で、相手が励まされることもあれば、逆に反感を買って しまうこともあるとおもいます。ねぎらって欲しくて話したのに「こうすればもっと よかった」と助言され、割り切れない気持ちになったという話を耳にすることもあります。このようにコミュニケーションの成否は、話し手の意図とは 別に、聞き手の受け取り方に大きく左右されてしまいます。聞き手が「では どうしたらいいだろう」と考えるか、「何だと!」と怒ってしまうかで、その 意見は建設的にも非難にもなります。そして、こうした行き違いは普段の何気ない会話の中により多く潜んでいるようにも思われます。
    110417_1233~01
    仙台に住む旧友(といっても結構頻繁に連絡を取り合っている仲間)と、東北太平洋沿岸部の被災状況の話をしているとき、その友人Kは私にこれは見ておいたほうがいい!見ないと判らないだろ?って強く言ったのです。
    勿論私にも時間があり、尚且つ効果的なその術を知っていればもっと積極的に現地へ出向きK達彼らのようにその現場に行くことができるでしょう。でも今の私にその場所へいくことは自分の中でできない何かがあるのです。
    私は阪神淡路大震災の焼け野原を知っています。友人の家屋全焼や親戚の家屋倒壊、負傷などは目の前の現実として瞼の奥に残っています。だから、今テレビや雑誌新聞の悲惨な街の写真を見ることだけで怯えています。
    Kだって、怖いのでしょうが頑張ってサークルを作って物資援助などに動いています。頑張っているのです。でも私には地理的にもやはり無理です。自分ではそれでも仕方ないと思っているところに、Kは強い口調で私を誘うものだから、本文ではないのに口げんかになってしまいました。二度とそんな場所に立ちたくないです。そのことはKにもいいましたが今はそのことを凄く恥ずかしく思って後悔しています。
    Kとはこんなことでどうかなるような付き合いじゃないので、気にはしませんが、そこまでの古い友情でも言葉はそうさせてしまうもの、被災地の避難されてる人たちや作業されてる人たちの心の疲れも、体力面同様心配です。

    相手に何かを伝えようとする時、その中心にある共感・共有して欲しい 「素晴らしさ」「面白さ」「切なさ」「希望」「愛情」「正義感」などを もう少し意識することで、より豊かな人間関係、家庭、組織、社会を 築いていくことができるんでしょうね。

    Kのいうまだそのままの津波の現場は私には無理だけど、でもいつか福島浪江町に住んでた友人や仙台の知人を訪ねようと思っています。近い将来。
    それまでは、普通の暮らしができるこの町で、小さなエールを送るだけ・・・今はそれだけです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    スポンサーサイト

    アホ馬鹿isshyのドジで残念な一日

    2009年02月07日 01:57

    今日は大阪で仕事があって、その後楽しみにしていた、iwakiさんの写真展に行くつもりでした。
    私も何を間違えたのか、今日喜んでいってみたら、もう終わってたんです。ショック!!しばらく立ち直れませんでした。
    私のBLOGでもLINKさせていただいてますが、IWAKIさんの写真は南八甲田のブナなどの原生林と湿地帯や無数の滝をカメラに収めてらっしゃるのですが、いつもため息が出てきます。
    このPCの中の僅かなスペースじゃなく、パブリックな空間で大きな美しい写真を見られると思ったら、楽しみで楽しみでしょうがなかったのですが・・・メチャメチャ残念です。と同時に自分の馬鹿さに腹が立ちます。関西での写真展は今回は梅田だけだったようですが、他の都市ではこれから開催されるそうですので、ぜひ訪ねたほうがいいですよね。私もなんとかして名古屋はスケジュールに入れたいなあって思っています。私なんかが説明したり宣伝するのは失礼ですが、ただただ残念な気持ちで今日は時間が余ったので、西三国へいって、メガネを衝動買いしました。
    使用中の眼鏡の螺子が飛んでしまったので修理に訪ねたのですが、この店はまたまた眼鏡が欲しくなる店ですね。安いのが何よりいいです。今まで持ってない奇抜なデザインの眼鏡を選んだのも、IWAKIさんの写真展いけなかった腹いせのようですわ。うーーーやっぱり残念です。
    CA3B0167.jpg

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    ラーメンの勘違い 以前の記事のお詫びです。

    2008年04月09日 02:17

    去る2月21日に書きました三寒四温という記事の中で私が食べたラーメンは実は「天天有」本店さんでは無いことに後日気がつきました。
    えーっ!!どういうこと!!って感じですが、食べたラーメンは天天有本店のとなりの「ラーメン荘夢を語れ」という変な名前のお店のことでした。 信じられないトンチンカンです。
    誰に騙されたのでもなく、自分たちで勝手に行列のできる店というイメージがあって天天有だと思い込んで順番を並んでいました。誰かに聞けばわかるんですがそれをしない私たち。バカです。食券を買っても(本来、天天有には食券なんてない!!)気付かず、ましてや食べはじめても食べ終わってもまだ気付かず、本店と支店はやっぱり違うんや!とかワケわからん頷きなどしながら、感想をこのBLOGに文字にしたり、会社で広めたりしたたわけ者です。 本当にごめんなさい。
    「ラーメン荘夢を語れ」「天天有」の両方のお店関係者の方たち、 およびファンの皆様、はたまたこれからファンになろうとしている皆様、にも混乱を招いたかもしれません。
    また、このBLOGにコメントいただいたゆみるんさん、てんちゃん、中山さん、ヌマチチブさんはじめ、BLOGの読者の皆様本当に申し訳ありませんでした。
    少し調べてみますと、おいしかったこのラーメンは「ラーメン荘夢を語れ」さんで、東京から進出のようです。「天天有」本店のラーメンも支店のものよりもっと数段美味しく、甲乙つけがたいさすが京都一乗寺のラーメン激戦区生き残り組みだと思います。どうぞ両方を別の日に楽しんでみて観てください。
    また、しょうゆ味ですか?という質問に答えたのは実は天天有のスープのことを記していて、本能で私は自分の味覚がおかしいのかなあなどと、思いながらお店の紹介文を読んでいたのでした。
    えーかげんな慎重さに欠ける、よく言えばおっちょこちょいのどうしようもない私ですが、あながち嘘ばかりのBLOGでもありませんので、ここはちゃんとお詫びして訂正いたします。どうぞお許しを 汗

    あ、それから以前の記事「三寒四温」の文面は今さらながらですが、このままではいけないので訂正いたします。本当に申し訳ありませんでした。

    極寒の季節

    2008年02月06日 02:18

    寒い毎日が続きますが、冬をどう楽しめばいいんでしょう。少しの移動の間コートも着ずに歩くと芯から冷え切ってしまいます。車で仕事に行くのはいいけど、降りてから、門や玄関までも寒い毎日ですね。もう少しましな気温になって欲しいです。
    こんな季節、水は凍るような冷たさですが渓流では寒バエ釣りがいいころです。
    甘露煮や塩焼きでも冬の寒バエはおいしいはずです。
    昔は父もよく釣りに出かけていました。ときどきいっしょにいってもいつも父にはかなわなかった釣りです。目の前の川ではもう魚影も少なく、もっときれいな川じゃないと釣る気がしないといって、もう10年以上になるでしょうか。父はどんどん老け込んでいくようです。
    久しぶりに連れ出そうかなとおもってみても、この寒さだからやっぱり無理はしたくないし、もう少し水ぬるむ春になったら、山菜とりがてら、誘ってみようかなと思っています。

    たった2畳の書斎

    早く、もうそろそろ、春が来て欲しい私です。

    このビールもまた旨いんです

    2007年09月28日 00:19

    20070928001905
    祇園にある北座の近くでなんとサッポロラガーが飲める店を見つけました。クラシックも黒ラベルもエビスも旨いけど、このラガーはまた格別です。最初の一杯は特に応えられません。5秒後の飲んだ顔はみんな満足でーす。

    雨のステイション

    2007年06月29日 23:59

    霧深い町の通りを
    かすめ飛ぶつばめが好きよ
    心縛るものをすててかけてゆきたい
    なつかしい腕の中 今すぐにも
    六月は蒼く煙って
    なにもかもにじませている

    雨のステイション
    会える気がして
    いくつ人影見送っただろう

    070628_1919~0001.jpg


    思い出も甦る名曲。美しい曲ですね。6月の歌ですね。
    次男が生まれたあの年の6月(12年前)以来、なんと12年ぶりに今年我が家にツバメが巣を作りました。

    070623_1710~0001.jpg


    車庫の上だから困ることも1つだけあるけど、成長を見守っています。

    久しぶりののんびりタイム

    2007年06月18日 00:19

    子供たちもそれぞれ高校生や中学生に育ってしまって、子供をつれて遊びに行くことができなくなった、欲求不満のつまんない父親2人で、なんと、曇り空の肌寒い日に日本海青戸大橋へ釣りにいきました。
    アジはまだ小さいだろうけど、サビキの仕掛けと底者にも興味があるのでメバル狙いと両方やりながら、久しぶりにいろんな話。
    子供の教育の話や(彼の息子3人はみんな野球、私の息子たちはサッカー)最近の嫁さんについて、また会社の話や将来の理想の人生の話など。
    やっぱりたまには集まってみんなで飲もうよ、野外飯たべようよ、TDLにもいこうよってことになりお互いで納得していました。
    釣果は2人で焼く10匹程度。メバルもグレもそこそこのアジも釣れてまあ、恥ずかしくはないけどええかっこはできない成績。
    でも、さっそく決まった次回の4家族復活野外飯の予定も決まり、心の中ではすごい満足度のある一日でした。
    帰る頃、西から薄日が差して明日の晴れを予告していました。
    友達って大切ですね。
    070610_1752~0001.jpg


    GWのすごし方

    2007年05月04日 22:42

    20070504224235

    近くの公園には早くも藤の花が咲き出しました。今日は本当にいい天気で、同じ学区のご近所さんたちとBBQ。私は久しぶりの参加なので、はりきって、ダッチオーブンで地鶏の丸焼きを…
    失敗しないこのダッチオーブンは賢い奴です。皆さん大好評でした。
    今年は温暖ないい気候のゴールデンウイーク前半でしたが、後半は雨のようです。畑仕事もしたい(自然薯の支柱立て、ネット張り)、豆や夏野菜たちの雑草間引き・・・)でも天気と相談の上です。
    他には友達家族とのBBQや次男のサッカー試合見物。そして、渓流釣り…数えればやりたいことがいっぱい。私はいつまでたってもやりたいことが湧き出てくる奴です。
    夜は最近眠くなってしまいます。さあ、明日は畑だ…

    天六はコテコテやん

    2005年11月14日 00:00

    ある夜天六(大阪市内の天神橋筋6丁目のことです)で時間を潰すことになりました。20分ほど秋の夕方の街を歩いたのです。まあ、元気がいいといえばそうだし、昭和な街だなあっておもいました。その昔(詳しくはないのですが・・・)阪急電車になる前、今の京阪電車のものだった天六駅は現在の場所より少し違った場所にあり、当時はまだ梅田駅まで乗り入れてなかったようです。
    新京阪クラブっていう雀荘があったりで、当時の名残もあちこちに見受けられます。暗くなってきて小腹がすいたので看板の立ち食いうどん屋で看板どおりケツネを食べたのでした。鉢からはみ出るでっかいあげが乗っています。明らかに京風のきつねうどんとは別物ですね。でもおいしいし寒くなってきてたので暖まりました。
    20051114010009

    さて、前置きが長くなりましたが、よりによって私に「フェチバトン」なるものが廻ってきました。こだまのように「お酒バトン」まわしたら「フェチバトン」が帰ってきました。ほかならぬ夏夜さんのことなので、ブツブツいわずに受け取りましたよ。では行きます。


    [ 続きを読む ]



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。