--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    自然薯いただきまっす!

    2011年12月04日 01:48

    今日は長いリーグ戦最終日を迎えました。
    あ、勿論私じゃなくJリーグの話です。

    午後は家族揃って西京極へ観戦に出掛ける予定でしたが、私一人は仕事がたまってて自宅でデスクワーク。でもテレビ観戦ができるので、結局テレビ観ながらなので、お世辞にもはかどったとは言えませんでしたが…

    しかし柏レイソルは強かったなあ。個人的にはガンバに逆転優勝させたかったけど、やはり柏の表彰式での画像を見ていたら、頑張ったんだなあ!
    そして、優勝に値するクラブだなあとあらためて思いました。

    京都サンガFC はリーグ戦終盤に追い上げを見せてなんとかJ2にて7位という成績でした。
    粘り強く勝ち点を重ねていくことが、後半はできたのが救いで、来シーズンに少し期待が持てます。
    さて、粘りと言えば我が畑で久々にちょっと自慢できる収穫だった自然薯です。
    (下手な振りやな・・・ホンマこんなみえみえな振り久しぶりやなあ・・・笑)
    という声はきかない振りして・・・まずはとろろ汁ということで、少しだけですが、すりおろしてみました。

    味わいや香りも合格、粘りは極上クラス!
    宮内庁献上も?とまあ調子にのりそうなほどの
    満足度でした。かなり出汁で伸ばしてもねぱりをキープできるのは嬉しいです。

    頂き物の焼酎とこれも畑で収穫した落花生もいただきましたよ。
    今度は別の料理方法でいただいてみますかな?
    ごちそうさまっす!
    スポンサーサイト

    Thanksgiving festa !!  -FARM 2011-

    2011年11月26日 20:55

    大地に感謝するときがやってきました。
    私は元来面倒なことが得意じゃないし、どちらかというと手間隙かけてっていうタイプじゃないのですが、この自然薯栽培だけにはなぜだかこだわってもう7年目を迎えました。前年の反省から次年度には失敗しないようにやるのですが、きめ細やかなノートなどには残さずに写真に残すぐらいでしょうか?今年の自然薯たちの特徴は昨年もこの畑でできた芋のみで収穫を迎えたこと。これはこの栽培を始めて初めてのこと。今までは師匠である栃木の某プロから種芋を購入していました。でも今年のは昨年この畑で育った芋だから期待はそんなにしていなかったのですが、定植に成功したのと気候が影響したようです。大きな台風や秋の長雨などがなかったこともあるのでしょうか?葉の茂りもまずまずだし、もしかしてまあまあいけるんじゃないか!というのが最近の私たちの前評判でした。

    収穫前の自然薯畑
    いつもそうなんですが、地中に斜めに重なって芋が成長するので当然ですが上から掘ってみます。その瞬間はなんともいえない緊張とその芋がいい型のものなら感嘆の声がアチコチ(?)で上がるものです。
    収穫した自然薯2011
    今年は用意したシートのなかに90%芋が入ってくれたのと、思いもよらないBIGなヤツも収穫できたのです。
    今までの最高を上回るなんと2300gの自然薯!この下の写真↓の缶ビールの上側にある巨大なやつです。
    自然薯2011
    まあまあの出来栄えに今年はちょっと満足できた収穫でした。
    それからそれから・・・私は始めての体験でしたが、千葉県ではおなじみの落花生。その名のとおり黄色い可憐な花は地中に潜ってしまう?または土をかけて潜らせる???実は私は世話するタイミングにいつも参加しなかったので知らないのですが、その落花生が地中から登場です。生でそのまま食べてみたけどわりとおいしかったので、帰ってから茹でて食べてみようと思っています。
    初挑戦の落花生がこんなに・・・
    そのほか、冬野菜で一番大好きなコカブ。こいつは本当に虫がいっぱい着くので今だ、ネットの中で過保護に育てています。
    大好きなコカブ収穫
    大根は今年は2種類。根の上の部分が黄緑色で太い大根はサラダダイコンというらしいです。
    このショットは最後の間引き。決勝戦に敗れた敗者たちです。でも食卓には歓迎されて上るんだから勇者でもあります。笑
    決勝戦敗退のまびき大根
    人参は多分3年ぶりの採用。にしては知らぬまに上手に育っていてすこぶる順調といえるようです。お浸しや白和えでの葉の部分も美味しいものです。
    人参・・・無事に成長していた
    そんなことで今年も冬野菜はキャベツ・ブロッコリー・白菜・ほうれんそうの常連たちが次ぐらいには登場しそうです。
    自然薯は来年のために早くも首を切られ、発芽点のあるその首の部分は種芋にするべく、消毒剤を少し入れた容器に・・・2日漬け込んでとりだして籾殻の中でひとふゆ過ごしたら、来春また定植します。
    残りはみんなで分けて持ち帰りました。とろろ汁・海苔のはさみ揚げ・お好み焼きなど・・・これから楽しみです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ






    自然薯掘りました

    2010年12月22日 23:42

    今年も秋が終わる頃、春からずっと楽しみにしていた自然薯を掘りました。今年は弦の伸びや葉の茂り具合もまあまあだったし、関係者は期待していました。

    しかし、なかなか思うようにはいかないのが、この自然薯です。

    早速収穫したばかりの自然薯を、刺身で!?いただきました。包丁もなにもない畑では前歯が包丁がわり。笑。原始的で、イノシシになった気分でした。笑

    でもさすがにこの芋の密度は違います。手前にあるイチョウ芋とは全然粘りが違います。

    でも、今年は全ての芋を収穫したから、数はあるけど、サイズが全然でした。品質はまあまあいいと思います。ブツブツの病気にもなってなかったけど、収穫量は過去振り返っても悪いほうだったといえます。
    原因はやはり他の畝に植えた作物が影響しているようです。
    来年また植えるときは少し孤立した畝で挑戦しようと思います。

    2010 今年も自然薯は自慢話になるまでは至らなかったです。
    また来年、必ずや自慢してやるんだい! 自慢したいためだけに自然薯つくってるisshyです。笑

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    初冬の畑より FARM2009

    2009年12月10日 01:05

    しばらくの間 FIELD & STREAM を休んでいました。
    BLOGを更新する上で、ここでご紹介できる FIELD にも出かけることが少なかったし、STREAM じゃなく、EDDY っていう感じでした。笑
    普通に元気にしていたのでご心配いただきメールをいただいた方、ありがとうございました。

    季節はとっくに秋を通り過ぎ、初冬です。我々の畑でも冬野菜が絶好調です。特にキャベツや白菜、ブロッコリーは今が全盛期。野菜の甘みもあり、満足の出来です。
    MY FARM 1
    上の写真の奥にあるのはハヤトウリという新規参入の大物新人ですが、10月まで伸びてばかりでいっこうに、花も咲かず勿論実もつけずだったのですが、11月にはいってからは、重くないのかい?お前は!!っていいたくなるほど、たくさんの実を付け出しました。
    はやとうり
    その実が上の写真です。ご近所の大ベテランはこれを酢の物や炒め物にするそうですが、はてお味はいかがなものでしょう?でも、たった2つの果実が200もの実をつけると聞いてびっくりです。
    自然薯掘り起こし前
    本当は一番お待ちかねの自然薯も、そろそろ収穫のときを迎えました。
    自然薯2009
    こんなサイズのものばかりだったらいいのですが、なかなかそうはいきませんね。
    今年も、的を外して4本程は真下の地下を目指して芋が伸びていました。彫るのにかなりの時間を要しましたし、結構疲れました。
    最終的にはまずまずの収穫となったかな?
    2009自然薯
    3人で分け、近所に配り、自分たちでも来年の種芋用に保存を保存して、また来春種芋の定植をしたいとおもいます。
    野蒜2009.11
    野蒜も生えていました。また醤油漬けにしようかな?
    091115_1502~01
    レモンも昨年の不作を乗り越え、今年は大豊作記録更新です。
    MY FARM2
    そろそろ、モンシロチョウもいなくなる冬の午後。しばらくは冬野菜を楽しんでみます。

    自然薯:原因不明の残念な不作に終わる ~FARM2008~

    2008年12月07日 17:24

    季節は巡る。
    CA3B0072.jpg
    秋から冬になるこの季節、指先の冷たさ首元の寒さは、私のような南方系の人間には(勝手に自分でそうきめていますが・・・笑)こたえるのです。
    12月になり一年の最後ということもあり、カレンダーや挨拶回りや手帳がどうの、百貨店も混み合って、まああまり好きな季節ではないのですが、私は今年こそ、心も体も余裕を持った12月をすごしたいなあと思っているのです。
    久しくこのBLOGを更新せず、ネタがあふれて大変なほどあったのですが、自宅でPCに向かう時間が激減していました。
    仕事もしないといけないし、子供のサッカーのことや、地域の用事が増えたので、BLOGもあとまわしになってしまってたなあと思います。
    先週末、3月から見守ってきた『自然薯』を掘り出してみました。(あえて、収穫という二文字は使いたくない)
    昨年は師匠へ再度教えてもらいに行って、今年は昨年の少しましだった出来をさらに自分のものにしようと最新の注意をしてきたのですが、掘ってびっくり全然でした。
    本当に難しいものです。自分たちには何が原因なのか今年に限っては思い当たらないから、余計に難しいなあと思います。
    CA3B0082.jpg
    CA3B0083.jpg
    一番ましな芋を、ある人にプレゼントしました。
    赤ちゃんが欲しいのになかなかコウノトリが運んできてくれない。。。そんな友人がこの12月最後の体外受精治療をするというのです。なんとか、これ食べて頑張れ!っていうノリで、掘ったその日に、もっていきました。滋養強壮とかいうけど、どうなのかなあ。でもうちの自然薯は変な肥料は使ってないから安心して擦り擦りしてほしいものです。うまくいけばいいな・・・

    2007自然薯 収穫

    2007年12月11日 01:23

    今年で6回目となる自然薯は春に師匠のところへ、研修にいき定植から初心に帰ってやりなおして、チャレンジしたものでした。
    確かに、昨年まで4年連続で同じ場所に植えたのも事実。でもそればかりじゃない別の要因で不作になっていたようです。敏感な芋で、ウイルスにやられたりもあるようです。
    2007自然薯は植え方そのものをまるっきり変更し、新しい定植方法と、新しい場所(畝)で試みました。今回まずは、24本を収穫。
    071125_1012~0001.jpg

    昨年に比べたら大進歩。というより、本来こうじゃないといけないはずです。でもまだまだ少し小ぶりでしょうか。この場所で始めた2年目以来の出来でした。
    残りはまだ畑に残したまま、今年の自然薯収穫は楽しいです。
    071125_1055~0001.jpg

    071125_1111~0001.jpg
    071125_1117~0001.jpg

    塩ビのシートの中に芋が育つのですが、中にはへそ曲りな奴もいまして、この芋の習性どおり真下にもぐりこんでしまうのもいます。こういう奴はもう大変です。周りから掘って掘って、芋を折らないように細心の注意を払って土の中から取り上げるのです。世話のかかる芋です。
    071125_1144~0001.jpg

    071125_1155~0001.jpg

    こうしてこの日は快晴の空の下、自然薯の収穫を少し楽しめた一日でした。

    071125_1211~0001.jpg

    071125_1220~0001.jpg

    芋の収穫の後始末。シートを洗っておこうと水路に入ると、どこからともなく白菜の葉がながれてきます。雑巾やたわしの代わりに白菜の流れてきた葉でお掃除です。まるで「がばいばあちゃん」のような…笑
    残りの芋も収穫が楽しみです。1kg級はまだ出てないけど、800g程度なら何本かあったので、1kg目指したいですね。楽しみ楽しみ。

    ブログランキング・にほんブログ村へ



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。