--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ~南紀勝浦温泉へ~ 続編

    2009年01月29日 22:42

    バス旅行は楽しいものですが、最近排気ガス規制の影響で、古いタイプの大型貸切バスは使用できなくなっているのが残念です。まあ、これも仕方ないのですが・・・
    それに高速道路は勿論、一般道も軽ーくシートベルトを締めてください・・・なんてことになってます。だからせっかくサロンバスだったとしても、車内で動き回ることが出来なくなっているそうです。・・・とまあ、表向きはね。
    CA3B0159.jpg
    今回はクエを食べるのと勝浦温泉に癒されるのが目的。往路でいきなり『クエチリ』に大満足の我々は、その足で熊野本宮大社へ向かいました。
    CA3B0137.jpg
    3本足(天・地・人をあらわす)で立つ八咫烏が迎えてくれました。
    現代では、日本サッカー協会のシンボルマークとして、ちょっとだけ有名。
    日本に初めて近代サッカーを紹介した中村覚之助氏に敬意を表し、出身地である那智勝浦町にある熊野八咫烏をデザインしたそうです。
    img_511915_13281208_2.jpg

    このデザインが用いられているのは主として、協会旗、日本代表チームの紋章、審判のワッペンなど。私は、二人の息子のために八咫烏のお守りを買って帰りました。今までのサッカーの神様への感謝と、これからも怪我しないように見守ってくださいという願いを込めて・・・
    090120_1642~01
    090120_1642~02
    勝浦桟橋から今回のホテル中の島さんへは、旅館の送迎船で。
    CA3B0141.jpg
    CA3B0142.jpg
    部屋からは向かいにホテル浦島さんも望めました。
    このあとは宴会。勿論写真などとる暇もない、ガッツリ楽しみましたよん。♪
    CA3B0147.jpg
    CA3B0151.jpg
    CA3B0156.jpg
    翌朝は青岸渡寺・那智の滝・那智大社・橋杭岩なんて、まるでJA旅行のようなコースでしたが、私は本当は太地のくじら館や串本のシーパラダイスといった水族館に行きたかったのです。
    でもまあ、クエチリも食べたし、飲みまくったから、無料の観光地しか、予算がなかったらしい・・・
    幹事さんに罪はないのです。午後6時の解散まではお決まりの『釣りバカ・・・』見たりしながら帰ってきました。おつかれ幹事さん!!

    ブログランキング・にほんブログ村へ







    スポンサーサイト

    南紀のクエにびっくり ~南紀勝浦温泉へ(恒例のバス旅行)~

    2009年01月24日 23:39

    職場ではちょっとインフルエンザが来たよ!って感じで、いやだなあと思ってるちょうどそのとき。
    我々の仲間は以前から積み立てしておいた軍資金を元に今年も大型貸切バスで、暖かい南紀へ向かったのです。

    一日目は高速道路岸和田SAで釣キチ・すーさんをひらって全員集合!バスは田辺の『銀ちろ』へ。
    本場のクエってわけには行きませんが、養殖のクエ(アブラボウズではないそうです)を使った初めての『クエ鍋』と張り込んでくれました。ウッシシ
    090120_1154~01

    090120_1158~01

    090120_1246~01
    クエの感想。さすがです。淡白な白い身は勿論、うろこを落として剥いだ皮の中でしょうか?コラーゲンたっぷりで、この上ない美味。後、どこだったか忘れたけど、臓物も入っていてこれがまた旨い。河豚といい勝負いや勝ちそうな味です。ご馳走様でした。この分じゃ宴会は呑む一辺倒かな。腹いっぱいです。
    雑炊は完全にフグより旨いと思いました。

    本格的な天然クエを食べるなら和歌山でも日高町周辺の民宿が一番ですよ。
    クエチリ(鍋料理)で8000円~
    クエのコース料理なら13000円~ 
    というかなり高価な貴重なお魚です。でも本場日高町なら間違いなし。本物ばかりで勝負ですよ。

    ブログランキング・にほんブログ村へ





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。